YouTube動画広告の種類と料金、効果的な活用方法を解説!

動画広告といえば、YouTubeを観ているときに流れる広告を思い浮かべる方が、ほとんどではないでしょうか。
それほど、YouTubeでの動画広告配信は今やメジャーとなっています。
自社のサービスや商品を動画広告でプロモーションしたい場合は、まずYouTubeでの広告配信を考える方も多いでしょう。

今回はYouTubeでの動画配信をお考えの方に、基本的な情報や必要な費用、効果を出すためのポイントなどをわかりやすくお伝えしていきます。
ぜひ、参考にされてみてください。

YouTube動画広告の特徴

動画制作の前に、まずはYouTube動画広告の特徴を理解しておきましょう。

言うまでもなく、世界No.1の動画メディアであるYouTube。
いつ・どこで・誰でも、無料で動画を視聴・投稿でき、PCやスマートフォン、テレビ画面で視聴することも可能です。
日本においても、2020年の月間利用者数が6,500万人を超えたと発表されました。日本人の2人に1人が利用している計算となり、YouTubeは今、多くの方の生活の一部となっています。

YouTubeでの広告配信の魅力は、何といっても利用者の数が多いこと、また、その年齢層が幅広いことにあります。
現時点で、10代~60代以上までの幅広い世代にこれほど利用されている動画メディアはYouTube以外にありません。
さらに、その大勢のユーザーの中から狙いたいターゲットに絞って広告を配信できることも強みです。

ユーザーは動画視聴を目的としていることから、動画広告を音声付きで見てもらえる可能性が非常に高いことも特徴で、YouTubeは動画広告と相性が良いプラットフォームといえます。

YouTube動画広告の種類

YouTubeの動画広告には、いくつかの種類があります。

 <広告の種類>

・インストリーム広告(スキップ可/不可)

・バンパー広告

・ディスカバリー広告

・アウトストリーム広告

・マストヘッド広告

代表的なものは上記6つです。
たくさん種類があるため、難しいと感じる方も多いかもしれません。

YouTube公式サイトでは、次のように推奨されています。

認知度と広告想起率を高めるなら
・バンパー広告
・アウトストリーム広告
・マストヘッド広告

比較検討や関心の度合いを高めるなら
・インストリーム広告
・ディスカバリー広告

上記のような、目的に応じた使い分けをするのが一番良いですが、初めての広告出稿であれば、インストリーム広告かバンパー広告がおすすめです。これはYouTube動画の最初や途中で流れる数秒間の広告で、一般的に利用率の高い広告です。

では、それぞれの広告の特徴や、メリット・デメリットなどを解説していきます。

インストリーム広告(スキップ可)

YouTubeの動画を再生したときに、動画の冒頭や途中、最後などに表示される広告です。YouTube上やGoogle動画パートナーネットワーク内(※)のサイトやアプリで配信できます。

再生から5秒経過するとスキップすることができる動画広告のため、最後まで見てもらえない可能性もあります。

その点を理解して、動画の早い段階で商品やサービスをアピールしつつ、関心を持ってもらえる内容にしなければなりません。

 ※Google動画パートナーとは

Googleの審査を通った質の高いサイト運営者、またはパブリッシャーのこと。
YouTube上だけでなく、彼らが運営するウェブサイトやモバイルアプリで
動画広告を表示できるということです。

特徴
・動画の長さ:制限なし(Googleの推奨は12秒~3分の範囲)
・スキップ可(再生から5秒後)

課金方法
・広告視聴単価(CPV)
※ユーザーが30秒以上スキップせずに広告を視聴(30秒未満の広告は最後まで視聴)、もしくは広告を操作(バナーのクリックなど)した場合に課金されます。

メリット
・無駄に費用がかからない
・必ず5秒間は見てもらえる
・費用対効果が高い

デメリット
・動画の内容やターゲティングによって、ネガティブイメージを与える可能性がある

こんな目的におすすめ
・見込み客へ商品、サービスをアピール
・ブランドの認知拡大

インストリーム広告(スキップ不可)

スキップ可のインストリーム広告と同様、YouTubeの動画を再生したとき、冒頭や途中、最後などに表示される広告です。YouTube上やGoogle動画パートナーネットワーク内(※)のサイトやアプリで配信できます。

こちらはユーザーにスキップされずに最後まで再生される動画広告で、最長15秒までの動画を流せます。

広告に興味がない場合でもスキップできないので、動画の内容やターゲティング次第では不快感を与えてしまう可能性もあります。
そのため、より一層ユーザーの視点に立って、動画制作を行うことが大切です。

特徴
・動画の長さ:最長15秒
・スキップ不可

課金方法
・インプレッション単価(CPM)
※広告の表示回数1000回ごとに課金されます。

メリット
・必ず最後まで視聴してもらえる
・ブランドや商品の認知度を向上できる

デメリット
・スキップできないため、ユーザーに嫌われるリスクがある

こんな目的におすすめ
・ブランドや企業のメッセージを伝える
・広告想起率(動画を見た記憶)を高める

バンパー広告

6秒間の動画でメッセージを伝える広告で、幅広い視聴者にリーチしたい場合に有効です。キャッチーでわかりやすい内容を、コンパクトにまとめて伝える必要があります。

特徴
・動画の長さ:6 秒
・スキップ不可

課金方法
・インプレッション単価(CPM)
※広告の表示回数1,000回ごとに課金されます。

メリット
・短い中でも確実にメッセージを伝えられる
・すべて観てもらえて、視聴者に与える嫌悪感も少ない

デメリット
・6秒しかないので、詳しい商品紹介などには向かない
・1,000回表示で必ず課金されるため、表示回数を増やせばその分コストがかかる

こんな目的におすすめ
・企業やブランドの認知度向上
・大量配信で多くのユーザーにリーチする

ディスカバリー広告

YouTubeの関連動画部分や検索結果部分、モバイル版YouTube のトップページなどに表示される広告です。ユーザーの検索結果(視聴している動画)の内容に関連した広告が、サムネイルとテキストで表示されます。
ユーザーが広告に関心を持ち、クリックをすることで、初めて動画が再生される仕組みです。

動画を再生してもらうには、サムネイル画像とテキストでいかにユーザーの関心を惹きつけるかが重要になります。

特徴
・動画の長さ :制限なし

<表示箇所>
1.YouTube検索結果
2.YouTubeの関連動画枠
3.モバイル版YouTubeのトップページ

課金方法
・広告クリック単価(CPC)
※ユーザーが、広告のサムネイルか見出しをクリックして動画が再生されたときに、料金が発生します。

メリット
・クリック率が高い
・関心の高いターゲットに訴求でき、販売・集客が見込める
・自社のチャンネル登録も促せる

デメリット
・サムネイルやテキストに魅力がなければクリックされない

こんな目的におすすめ
・比較検討しているターゲットへのアプローチ
・ブランドや商品への関心度を上げる

アウトストリーム広告

YouTube内ではなく、Google動画パートナーネットワーク内のウェブサイト、アプリのユーザーに表示させる動画広告で、動画のリーチをYouTube外にも拡張することができます。モバイル(スマートフォン、タブレットなど)専用のフォーマットです。

最初は音声なしで再生され、ユーザーがタップするとミュートが解除される仕組みです。

特徴
・動画の長さ :15秒未満を推奨
・スキップ不可
・YouTube外で流れる

課金方法
・視認範囲のインプレッション単価(vCPM)
※クリック回数ではなく、広告の面積が50%を超えて表示され、かつ動画が2秒以上視聴された場合にのみ料金が発生します。

メリット
・配信先が広がり、アプローチする層を増やせる
・多くのモバイルユーザーにリーチできる

デメリット
・モバイルユーザーに限定される
・興味がないユーザーが見た場合にも課金される

こんな目的におすすめ
・商品やサービスの認知度向上
・モバイルでのリーチ拡大

マストヘッド広告

YouTubeトップページの最も目立つ掲載枠に表示される、視認性の高い広告です。
Googleの担当者に連絡して予約購入する純広告で、1日1社限定となっています。

特徴
・動画の長さ :制限なし
・スキップ不可

課金方法
・固定日割単価(CPD:1日単位で購入)
・もしくは、インプレッション単価(CPM)
※テレビ画面向けマストヘッド広告はCPM(インプレッション単価)のみです。

メリット
・YouTubeの最も目立つ場所でブランドや商品をアピールできる
・広告枠を確実に押さえられる
・短期間で大幅にリーチを拡大できる

デメリット
・ターゲティングできない
・費用が高くなる

こんな目的におすすめ
・ブランディング
・幅広い層へのリーチ拡大

YouTube動画広告の料金は比較的安く抑えられる

YouTube動画広告の出稿は、一般的にオークション方式です。
マストヘッド広告などの純広告は、広告枠を予約購入する方式がとられています。

オークション方式は、一回の視聴に対して支払う最高限度額を設定します。
その金額で入札できると広告が出稿されますが、出稿された段階では料金は発生しません。「広告が再生される」「広告がクリックされる」など、動画が視聴されて初めて料金が発生する仕組みになっています。

課金形態について、先ほども少し触れていますが、あらためて下記にまとめます。

広告のジャンルにもよりますが、単価の相場は2円~10円以内、1日あたり1000円の予算から始める企業が多いようです。

単価10円、1日の予算1,000円の場合、ひと月の費用は3万円で、少なくとも3,000回以上は配信される計算になります。

できる限り費用を抑えつつ、効果を最大化させるためには、
・表示回数が少ない場合には入札単価を上げる
・予算をすぐに消化する場合には入札単価を下げる
といった微調整が必要になります。

YouTube動画広告で効果を出すためのポイント

YouTube動画広告は上手くいった場合、見込み客の獲得やブランドの認知向上、商品の販売促進といった効果が期待できますが、やり方によっては企業にネガティブなイメージを与えてしまいかねないため、配信内容は慎重に検討すべきでしょう。

YouTubeを効果的に活用するために、以下の点に注意して動画制作を行いましょう。

はじめの3秒で心をつかむ

YouTubeの利用目的は動画視聴であるため、動画を能動的に見るユーザーが集まっています。広告に関してもユーザーの興味をつかむことができれば、観続けてもらえる可能性は大いにあるでしょう。

そこで重要になるのが、冒頭の3秒です。
つかみの3秒でユーザーに対し、「これはあなたのための情報ですよ」という親近感のあるメッセージを伝えられるかどうかがポイントになります。

1つの動画広告に1つのメッセージ

YouTube動画広告の多くは、5秒でスキップされる動画か6秒完結型で、再生時間は決して長くありません。
そのため、動画内で伝えるべきメッセージを厳選する必要があります。
あれもこれもと情報を盛り込んでしまう場合には、「何を伝えないか」を決める作業を行ってください。

これだけは伝えたいという1つのメッセージを、短くキャッチーにまとめた方が、動画を観たユーザーの記憶に残る、印象的な動画広告になるでしょう。

ターゲット設定で絞り込みすぎないこと

YouTubeのターゲティングは、視聴者を絞る「オーディエンスターゲティング」と配信場所を選ぶ「コンテンツターゲティング」があり、いずれも非常に細かくターゲット設定ができます。

しかし、配信先を絞り込みすぎるとほとんど配信されない可能性が出てくるため、ターゲットの範囲は少し広めにとっておいた方が良いでしょう。

また、YouTubeではユーザーの行動履歴に基づいてリマーケティングができる点が強みです。過去に動画広告や自社サイトなどを閲覧したユーザーに、再アプローチすることで高い効果が期待できます。
ターゲティング、リマーケティング機能を上手く活用して、効果を上げていきましょう。

必ずユーザー視点を持つ

最後にお伝えするポイントは、ユーザー視点を忘れずに動画広告を制作することです。

YouTubeは動画広告が入るという認識を持っているユーザーがほとんどではあるものの、自主的に観たいわけではない広告を煩わしく感じている方は多いでしょう。
そんな中で不快感を与える動画を頻発してしまうと、企業イメージそのものに悪い印象を与えてしまいかねません

配信する動画の映像や内容、音声など、不快感を与えるようなものになっていないか、必ずユーザー目線を持ち、複数の目を通して、クオリティチェックをするようにしましょう。

まとめ

YouTubeの動画広告は広告フォーマットからターゲット設定、入札金額など、選択肢が多く、慣れないうちは迷ってしまうことも多いでしょう。

「自社にどれが合っているのかわからない」という場合には、まずスキップ可能なインストリーム広告やバンパー広告を、1日の予算1,000円を上限に設定して始めてみることをおすすめします。

一度広告を配信してみると、その結果から新たな気づきが出てくると思います。そこから改善や微調整を重ねて、自社のプロモーションに最適化させていくと良いのではないでしょうか。

また、動画の内容に関しては、魅力的でクリエイティブな、観る人に好印象を与えられる動画であることが欠かせません。

もし動画制作にお困りの際は、弊社RAIDにお任せください。皆さまのご要望をしっかり聞き取ったうえで、メッセージがしっかり伝わる動画制作を行っております。

無料のご相談も承りますので、問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

筆山 映子

動画の分かるフリーランスライターとして活動しつつ、RAIDの専属ライターとして、執筆活動やWEB運営の仕事をしています。このブログでは、動画を活用してビジネスに役立てていく方法などを広く発信していきます。

CONTACT

お問い合わせ

些細なご質問でも、お気軽にお電話ください。
はじめての動画制作が安心できるよう、
経験豊富なメンバーで丁寧に回答いたします!

お問い合わせ
0120-551-872

営業時間:9:30~18:00