【中小企業向け】採用動画で効果を出すための4つのコツ(中途採用編)

中小企業向け 採用動画で効果を出すためのコツ

今、採用動画を取り入れる中小企業が増えています。

採用活動のオンライン化が進む中、自社の魅力を最大限にアピールするための手段として採用動画を取り入れるのは必然の流れといえるでしょう。

今回は中途採用の採用動画で効果を出すための4つのコツとして、「求職者に興味を持ってもらえる」「自社にマッチした人材の応募が増える」採用動画にするためのポイントをお伝えしていきます。

採用動画を制作するメリット

採用動画を制作するメリット

採用動画といえば新卒採用向けのイメージがあるかもしれませんが、中途採用でも活用する企業は増えており、制作するメリットは以下になります。

・文章だけでは伝えきれない情報を伝えられる
・記憶に残りやすい
・ブランディングにつながる
・SNSで拡散できる
・費用対効果が高い

では、それぞれのメリットを詳しく見ていきましょう。

文章だけでは伝えきれない情報を伝えられる

文章で伝えられる内容は限られています。
事業内容や業績などはデータで伝えることができても、社内の雰囲気、社員の人柄のようなものは文字だけではなかなか伝えきれません。

働く社員の様子や社内風景、社員へのインタビューなどを動画にすることで、求職者に企業のリアルをより届けることができます。
多くの求職者にとっては仕事内容や給与などの条件面だけでなく、働く環境や人間関係も重要な要素になっています。

実際の雰囲気を動画で伝えることで、求職者の入社後のギャップや採用のミスマッチを減らすことができるでしょう。

記憶に残りやすい

動画にすることで、求職者の記憶に定着させることができます。
文字だけで伝えるよりも、グラフィックやアニメーション、音声などを用いた動画で伝えた方が記憶の定着率が2倍高くなるという調査結果もあります。

多くの企業の中から自社を選んでもらうためには、より強い印象を残さなければなりません。視覚に訴えるようなインパクトのある動画を活用することで他社との差別化を図れます。

ブランディングにつながる

自社の事業が社会にどのように貢献しているのか、自社製品やサービスがどういった場面で役立っているのかといったストーリーを映像にして伝えることで、ブランディングを確立できるでしょう。

動画では、ロゴやキャッチコピーだけではわからない、企業の世界観を伝えられます。自社のサービスだけでなく、企業理念やミッション・ビジョン・バリュー(MVV)などを強く伝えたい場合には大変効果的です。

SNSで拡散できる

採用動画は自社サイトの採用ページで掲載するだけにとどまりません。
今はSNSでの採用活動も増加傾向にあり、YouTubeやTwitter、Facebookなどの企業アカウントで採用動画を配信する企業も増えてきています。

中小企業であっても、SNSによる拡散効果で求職者の目に留まる機会を増やすことが可能です。
文字や画像のみの発信よりも動画投稿の方がインプレッションは高まり、多くの方の目に留まるでしょう。

費用対効果が高い

採用動画は制作費こそかかるものの、採用活動におけるその他のコスト削減につながり、結果的にコストパフォーマンスが高くなります。
例えば、採用説明会などの開催費用をかけなくても多くの人にアプローチできるようになります。
ひとつ作れば部分的に二次転用したり、翌年以降に使い回すことも可能です。

このように採用動画を制作することで大幅にコストを削減できる可能性があります。
これまで採用活動にかけてきた費用や工数を見直したい場合には、採用動画を検討されるのも良いのではないでしょうか。

採用動画で効果を出すためのコツ(中途採用編)

中途採用向けの採用動画で、効果を出すためのコツについてお伝えしていきます。
採用活動における主な課題としては

◆自社の魅力を正確に伝える
◆欲しい人材の応募者数を増やす
◆採用のミスマッチを防ぐ

といったことがあげられるのではないでしょうか。
このような課題解決のために、採用動画を制作する際は次の点を意識しましょう。

<4つのポイント>
1. ターゲットを明確にする
2. 採用動画の使い方を決める
3. 自社ならではの魅力を伝える
4. 求職者の視点に立って考える

ターゲットを明確にする

まずは、動画を観てほしいターゲットを明確にしていきます。
ターゲットとはつまり、会社が求める人物像です。

動画を観る対象を明確にし、しっかりと刺さる内容の動画にしましょう。

・年齢・性別
・スキルや経験
・人柄
・趣味
・家族構成

など、いろいろな角度からターゲット像を設定してみてください。

中途採用の場合、新卒のようなポテンシャル採用ではなく、キャリア採用になることがほとんどだと思います。
そのため、どのようなスキルやキャリアを持つ人に応募してもらいたいのかを、できるだけ具体的にイメージすることがとても重要です。

明確にターゲットを設定してから動画を制作することで、採用のミスマッチを防ぐことができるでしょう。

採用動画の使い方を決める

動画制作の前に動画の使い方も決めておきましょう。
自社のウェブサイトに掲載するのか、SNSでも配信するのか、採用説明会などで利用するのか、動画を流す場面を決めておきます。

用途が違えば、適している動画の尺や演出、構成なども異なります。
複数の用途がある場合には、メインで使用する場面に合う形で制作するか、使う場面に応じて何パターンか制作すると良いでしょう。

自社ならではの魅力を伝える

これは、採用動画において最も重要な部分になります。

「うちの会社ならではの魅力なんてない!」と悩まれるかもしれませんが、魅力がないなんてことはありません。
企業理念、製品やサービス、社内の人間関係・・・企業の魅力はそれぞれです。
ぜひ社員にアンケートをとるなどして、何かアピールできることがないか探してみてください。

例えば、小さな会社だからこそ「お客様との距離が近い」「社内の風通しがよい」「裁量が大きい」といったようなことが挙げられるかもしれません。
「こんなこと当たり前すぎてアピールしていいの?」というようなことが、求職者にとっては魅力的に映る場合もあります。

自社の魅力について深掘りし、あなたの会社ならではのメリットを求職者に伝えていきましょう。

求職者の視点に立って考える

採用動画は自社の伝えたいことばかりを詰め込むのではなく、必ず求職者視点に立って企画を立てましょう。

会社の業績や事業内容ばかりをプレゼンするような動画では、社内の雰囲気や働く環境が見えません。
求職者側としては、働く環境や人間関係は重要なポイントです。
また、仕事にやりがいや達成感、自己成長を求めている人もいます。
特に中途採用の場合は、キャリアアップの道があるか、待遇が今の職場よりも良いかといった点を重視する求職者も多いでしょう。

業界未経験者であれば、仕事内容を具体的に知っておきたいと考えるかもしれません。

自社が求めるターゲットが何を知りたいと思っているか、ぜひ求職者の視点に立って考えてみてください。

採用動画の種類

採用動画には、代表的なパターンがいくつかあります。

<採用動画の種類>
◆コンセプトムービー
◆インタビュー
◆会社案内
◆社員への密着
◆事業紹介(アニメーション)

以上が、採用動画の代表的な種類です。
それぞれを簡単にご説明します。

コンセプトムービー
コンセプトムービーはいわゆる自社のプロモーション動画です。
企業理念や商品・サービスの魅力など、文字だけでは表現しづらい内容を視覚的に伝えることができます。

インタビュー
自社への応募を決めたきっかけ、入社前の不安や入社後の経験など、実際に働く社員へのインタビューを動画にします。
社員のリアルな声を届けることで、求職者の共感を得ることができます。

会社案内
職場を回りながら社内の設備を紹介したり、社員が働く様子を映します。
自社の雰囲気を伝えることで、求職者は入社後のイメージが湧き、親近感を感じられるでしょう。

社員への密着
働く社員の1日に密着した動画です。
具体的な仕事内容、社員の仕事のやり方などをリアルに伝えることができます。
人気ドキュメンタリー番組のパロディのような演出をするのも面白いでしょう。

事業紹介(アニメーション)
会社の事業やサービス内容について、アニメーションや音声、BGMなどを組み合わせて効果的に表現します。
社員の動画出演が難しい場合にも、おすすめの手法です。
映像で視覚的に伝えることで、パワーポイントなどで作った資料を見せるだけの説明よりも、求職者に強いインパクトを残せるでしょう。

最近ではコロナ禍によって企業説明会が開催しづらいといった状況もあることから、事業紹介のアニメーションがトレンドとなっています。
しかし、必ずしもトレンドを押さえる必要はなく、ターゲットに対して伝えたい情報を届けるためにはどの手法が適しているかを考えて動画を制作することが大切です。

もちろん、上記の手法を1つに絞らず、組み合わせて制作していくのも良いでしょう。

採用動画事例

最後に、弊社、株式会社RAIDが手掛けている採用動画の事例を2つご紹介します。
どちらも、インタビュー形式のリクルート動画なので、イメージしていたものと近いのではないでしょうか。


「ナラタ様 リクルート動画」


「薬仙石灰株式会社様 採用動画」

まとめ

今回は、採用動画を使用するメリットや、採用動画で効果を出すためのポイントについて解説してきました。

スマートフォンが普及し、パソコンがなくてもインターネットや動画視聴が当たり前になった今、採用動画を活用しない手はありません。
工夫ひとつで優秀な人材を獲得するツールにもなりますので、ぜひ、この機会に制作をされてみてはいかがでしょうか。

また、動画を制作したいがどうすれば良いのか分からないという方や、何から始めれば良いのか分からないという方もいらっしゃるかと思います。

弊社RAIDでは、皆さまのご要望をしっかり聞き取ったうえで、メッセージがしっかり伝わる動画制作を行っております。無料のご相談も承りますので、問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

筆山 映子

動画の分かるフリーランスライターとして活動しつつ、RAIDの専属ライターとして、執筆活動やWEB運営の仕事をしています。このブログでは、動画を活用してビジネスに役立てていく方法などを広く発信していきます。

CONTACT

お問い合わせ

些細なご質問でも、お気軽にお電話ください。
はじめての動画制作が安心できるよう、
経験豊富なメンバーで丁寧に回答いたします!

お問い合わせ
0120-551-872

営業時間:9:30~18:00