SNSでの採用活動「ソーシャルリクルーティング」とは|メリット・デメリット、成功のポイントを解説!

今、採用活動でSNSを使った「ソーシャルリクルーティング」を取り入れる企業が増えてきています。
これから導入しようかとお考えの企業様も多いのではないでしょうか。

今回は、今後ますます主流になりそうなソーシャルリクルーティングについて解説していきます。SNSの特徴に合わせた活用方法などを紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

ソーシャルリクルーティングとは

ソーシャルリクルーティングとは、SNSを用いた採用活動のことです。
最近では採用活動においてSNSを活用する企業が増えつつあります。

少し前には考えられなかったことですが、若者を中心に多くの人がSNSのアカウントを所有している今、TwitterやFacebookなどの各種SNSは採用活動にもぴったりのプラットフォームといえるかもしれません。

採用にSNSを取り入れるべき理由

ソーシャルリクルーティングは、特に若い世代の採用に効果を発揮するでしょう。

新卒や第二新卒などの、いわゆるZ世代の若者は「デジタルネイティブ」ともいわれ、生まれた時からインターネットや携帯電話が身近にあった世代です。
必要な情報はテレビや書籍、雑誌よりもインターネットで収集するという人の方が圧倒的に多いのではないでしょうか。

また、ほぼ100%に近い割合で何らかのSNSのアカウントを所有し、その中でコミュニケーションを活発に行っています。

就職活動においても、彼らの多くがインターネットやSNSを利用していることもあり、企業側も活用しない手はありません。

ソーシャルリクルーティングのメリット・デメリット

企業がソーシャルリクルーティングを取り入れるメリット・デメリットは、以下のようなことが挙げられます。

<メリット>
・求職者と気軽にコミュニケーションがとれる
・会社の雰囲気が伝わりやすい
・応募者を増やせる
・ミスマッチを防げる
・採用コストを抑えられる

<デメリット>
・ネットリテラシーが必要
・SNS運用のリソースが必要

メリット1:求職者と気軽にコミュニケーションがとれる

SNSなら企業説明会のような堅苦しい雰囲気ではなく、求職者との気軽なコミュニケーションを楽しめます。

すぐの応募にはつながらないとしても、SNSでの積極的なコミュニケーションをはかり企業アカウントを印象づけておけば、将来的に応募につなげられるかもしれません。

メリット2:会社の雰囲気が伝わりやすい

SNSで社員の働く様子や仕事内容、事業内容などを発信することで、求職者は会社の雰囲気をイメージしやすくなるでしょう。

求職者に「自分もここで働きたい!」と思ってもらえるような発信を心掛けてください。うまくいけば、企業の好感度を上げたり、イメージをガラッと変えることもできるでしょう。

メリット3:応募者を増やせる

SNSで採用活動を行うことで、応募者を増やせる可能性があります。
ハッシュタグでの検索や拡散機能を活用すれば、多くの求職者に情報を届けられるでしょう。

人口減少に伴って労働人口も減少している日本では、人材確保が困難です。
誰もが知っている大企業であれば放っておいても人が集まるかもしれませんが、中小企業やニッチな業界であれば人材確保は至難の業ではないでしょうか。

人材獲得が難しいと感じている企業にこそ、ソーシャルリクルーティングがおすすめです。

メリット4:ミスマッチを防げる

SNSは、企業側からの発信だけに利用できるツールではありません。
求職者のSNSでの投稿内容やコミュニケーションの図り方を見ることで、人柄や考え方を知れるというのもソーシャルリクルーティングのメリットです。
より深く求職者を知ることで、採用のミスマッチを防ぐことができるでしょう。

会社説明会や面接の場合、求職者はどうしても自分をよく見せようとして取り繕うものです。SNSを通して求職者のより自然体な部分や日常が垣間見え、人となりを判断するひとつの材料にできるのではないでしょうか。

メリット5:採用コストを抑えられる

SNSなら、転職サイトの求人広告とは違って無料で利用できますし、何回でもすぐに発信できるため、うまく活用できれば採用コストをぐっと抑えることができます。

また、企業側からコンタクトも取れるので、SNS上で採用までスピーディーに進められるというメリットもあります。
企業の採用の悩みとして、人が集まらないことや採用コストがかかってしまうことがあるかと思います。

ソーシャルリクルーティングはそういった悩みを解決する方法として、取り入れる企業が増えているのです。

デメリット1:SNS運用のリソースが必要

定期的かつ継続的な発信、また、ユーザーとのコミュニケーションを行うためには、社内でSNS担当を決めてしっかりと運用できる体制を整えなければなりません。

ほとんど更新されず、ユーザーのコメントにも返信しないようなアカウントになってしまうなら、やらない方がよいでしょう。
ソーシャルリクルーティングを行う場合は、必要な人材を確保し、運用ルールを決めたうえで始めましょう。

社員の少ない企業ではSNS専任者を設けるのは難しいかもしれませんが、「業務のかたわらにできる人がやりましょう」というスタンスにすると、他人任せになって放置されてしまうかもしれません。
曜日ごとに割り振る、リーダーを決めるなど、役割を明確にして取り組むとよいでしょう。

デメリット2:ネットリテラシーが必要

ネットリテラシーとはインターネットを適切に使う能力です。
個人情報の取り扱いなどはもちろんですが、企業の顔として投稿内容にも細心の注意を払わなければなりません。

何気なく投稿した内容やフォロワーとのやりとりが、思いがけないトラブルや炎上騒動に発展してしまうこともあります。
それによって企業イメージが悪くなってしまう可能性もありますので、インターネットやSNSに関して事前に勉強することは必須です。

また、普段からSNSを使い慣れている人を担当者にし、何かトラブルが起こった際の責任の所在も明らかにしておきましょう。

各SNSの特徴と活用方法


ではここからは、ソーシャルリクルーティングを活用した具体的な方法についてお伝えします。
代表的な4つのSNS「Facebook」「Twitter」「Instagram」「LINE」、それぞれの特徴と活用方法を見ていきましょう。

Facebook

特徴
テキスト投稿が主流のSNSで長めの文章も投稿可能。
原則、実名での登録が必要。
仕事関係で使う人も多く、オフィシャル感が強め。

<ユーザー層>
40代以上、男性のユーザーが多く、年齢層は高め。
10代の利用者が極端に少ない。

<国内利用者数>
約2,600万人

活用方法
Facebookは実名登録なので、求職者がどんな人であるかがわかりやすいです。
ユーザー層を加味すると新卒・第二新卒よりも、30代~50代の働き盛り世代のキャリア採用に向いているSNSといえるでしょう。

長文の文章投稿に写真を添えることができるので、働くイメージや求める人材といった情報を伝えやすいという特徴があります。
ビジネスアカウントであれば求人情報を掲載してFacebook上で直接募集をかけることもでき、それを広告にして多くの人に訴求することも可能です。

採用の時にだけ発信するのではなく、スタッフ紹介やイベントレポートなど、企業の情報を積極的に発信し、日常的に企業ブランディングを行っておくことが大切です。

Instagram

特徴
写真・動画投稿が主流。独自の世界観やコンセプトを表現しやすい。

<ユーザー層>
20~30代を中心に比較的若めの層

<国内利用者数>
約3,300万人

活用方法
Instagramは若い世代の女性の利用率が高いこともあり、ファッションや美容、ライフスタイル関係の職種の採用活動に向いているSNSといえるでしょう。
視覚的に企業をアピールでき、ブランディングにもぴったりです。

求職者の投稿内容をチェックして、自社の雰囲気にマッチするかを確認しやすいという利点もあります。
こちらもFacebook同様、継続的な発信でアカウントを運用することが大切です。

Twitter

特徴
テキスト投稿が主流。リアルタイム性のある情報が話題になりやすい。

<ユーザー層>
幅広い年齢層が利用している

<国内利用者数>
約4,500万人

活用方法
Twitterでは、特にIT業界やエンジニア職などの採用活動が活発化しています。
ただしTwitterの場合は140文字しか投稿できないため、求人詳細を掲載することは難しいSNSです。

よく行われているのは、企業の採用ページのリンクを添付し、興味がある求職者をそちらに誘導するという方法です。
その際「#Webデザイナー」「#ライター募集」などのハッシュタグを活用している企業も多い傾向にあります。

また、求職者側がアカウント名に「@22卒」などと記載し、就活生であることがわかるようにしていること多いです。
企業が検索機能をうまく活用し、気になる求職者を見つけ、DMなどで直接コンタクトをとり採用につなげるというのも一つの手ではないでしょうか。

LINE

特徴
テキスト主流。
他のSNSとは違い、企業からユーザーへのメッセージが中心になり、双方向のコミュニケーションではない。

<ユーザー層>
幅広く利用されているが、活発なのは若めの層

<国内利用者数>
約8200万人

活用方法
LINEを採用に活用するメリットは、何といっても利用率が高いため、多くの求職者にアプローチできる可能性があることです。また求職者にとっては、「気軽に応募しやすい」ということが大きなポイントでしょう。

応募者とLINE上で直接やり取りができ、既読も確認できるため、スムーズに採用活動を進められます。
企業アカウントを友だち登録してもらう必要があるため、LINE限定の情報発信をするなどの付加価値をつけて、こまめに情報発信を行いましょう。

ソーシャルリクルーティング成功のコツ

最後に、SNSを利用した採用活動を成功させるためのコツを5つご紹介します。

<SNSでの採用活動 5つのコツ>
・ほしい人材や業種によって最適なSNSを選ぶ
・役立つ情報を継続的に発信する
・写真や動画を挿入する
・自社に関する情報を集める
・求職者の投稿を見てミスマッチを防ぐ

ほしい人材や業種によって最適なSNSを選ぶ

先ほど各SNSの特徴についてお伝えしたように、それぞれのSNSによってユーザーの年代や性別、適した投稿などが異なります。

例えば、新卒採用であればFacebookよりもLINEやInstagramの方が効果的かもしれません。会社が求める人物像に広くアプローチできるように、よく利用しているSNSをリサーチした上で最適なSNSを選びましょう。

役立つ情報を継続的に発信する

ソーシャルリクルーティングは、採用情報をSNSで投稿すればいいというものではありません。
まずはフォロワー(応募者候補)を増やさなければ、効果は薄いと考えましょう。

フォロワーを増やすためには、ターゲットに対して役立つような情報を継続的に発信することや、フォロワーとSNS上で積極的にコミュニケーションを図るなど、アクティブなアカウントにして関心を持ってもらわなければなりません。
どのような情報が知りたいか、求職者視点に立って考えることが大切です。

短期ではなく長期的な人材採用計画を立て、アカウントを育てていきましょう。

写真や動画を挿入する

投稿には、写真や動画を積極的に投稿しましょう。
文字だけの投稿よりも、社員が実際に仕事をしている様子などを写真や動画で見せることで、求職者も自身が働いている姿をイメージしやすくなります。

多くの求職者は、社内の雰囲気や具体的な仕事内容、働く社員など、その会社のリアルな情報を知りたいと感じています。
それらを文字だけで表現することは難しく、写真や動画を用いることで格段に伝わる可能性が高くなるでしょう。

自社に関する情報を集める

SNSは発信だけに活用するものではありません。
ぜひ情報収集ツールとして、求職者らが自社に対してどのような印象を抱いているかを調査してみましょう。
いわゆる「エゴサーチ」と呼ばれるものです。

もしも自社に対してネガティブな反応があれば、今後の対応を考えたり採用活動の改善につなげることもできます。
エゴサーチをして求職者の本音を知ることで、より良いマーケティングを行うことができるでしょう。

求職者の投稿を見てミスマッチを防ぐ

求職者の投稿を見て、その人がどんな人なのかを知ることも有効です。
SNSでは、一個人として自由な発信をしている人が多いでしょう。面接では分からない、応募者の普段の生活スタイルや考え方などを見ることができます。

自社の雰囲気とマッチしそうか、言葉遣いや投稿内容などにネガティブな要素はないかといった点もチェックして見てください。
入職後のミスマッチを防ぐことができるかもしれません。

まとめ

ソーシャルリクルーティングは、費用を抑えつつ多くの求職者にリーチできる手法なので、採用コストをそれほどかけられない企業には特におすすめの方法です。今後も取り入れる企業が増えていくでしょう。

ただし、効果がすぐに現れる施策ではないため、中長期的な計画を立てて継続的に運用していくことが大切です。
本記事が、採用活動の参考になれば幸いです。

弊社RAIDでは、皆さまのご要望を丁寧にお聞きしたうえで、メッセージがしっかり伝わる動画制作を行っております。無料のご相談も承りますので、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

▶︎お問い合わせはこちらから
 お問い合わせ | 福岡の動画制作会社ならRAID

筆山 映子

動画の分かるフリーランスライターとして活動しつつ、RAIDの専属ライターとして、執筆活動やWEB運営の仕事をしています。このブログでは、動画を活用してビジネスに役立てていく方法などを広く発信していきます。

CONTACT

お問い合わせ

些細なご質問でも、お気軽にお電話ください。
はじめての動画制作が安心できるよう、
経験豊富なメンバーで丁寧に回答いたします!

お問い合わせ
0120-551-872

営業時間:9:30~18:00