Twitter動画広告の基本から効果的な使い方について、解説します!

Twitter動画広告 6つの種類と特徴

Twitterの月間アクティブユーザーは世界で約3億8600万人、日本で4,500万人と非常に多くのユーザーが利用しているプラットフォームです。
それゆえ、情報拡散時の宣伝効果が期待できるプラットフォームとしても、Twitterは有名ですよね。

そのTwitterの特性を活かしながら効果的なプロモーション活動を行うためには、まず、Twitter動画広告の種類について理解する必要があります。
Twitter動画広告は以下の6種類に分類されています。

Twitter動画広告のメリット・デメリット

ここではTwitter広告のメリット・デメリットについて、それぞれ2点ずつ解説します。

メリット①:特定のターゲットに向けてリーチしやすい

Twitterでは興味・関心を話題にした投稿を行うユーザーが多いため、ある特定のキーワードを用いたコアなターゲットへリーチしやすいという特性を持っています。

不特定多数のターゲットに向けて配信するリスティング広告は、コアなターゲットに対するリーチが難しいのですが、Twitter広告では届けやすいといえるでしょう。

メリット②:投稿の大量拡散が期待できる

Twitterにはリツイート機能があり、自分が気になった投稿をフォロワーへ拡散できるという特性があります。

ある話題が多くのユーザーにリツイートされることで、「バズる」と呼ばれる大量拡散現象を引き起こし、爆発的なプロモーション効果を得ることができる点もTwitter動画広告のメリットです。

デメリット①:ターゲットの年代が限定的になりやすい

Twitterのデメリットとしてユーザーの年齢層が若いという特徴があります。

ターゲットとなる年代が若年層中心になると、PRしたい商材が限られる場合があります。つまり、現状Twitterでは若年層以外の方を対象にしたプロモーションは難しいというデメリットがあります。

デメリット②:表示の特性上、ユーザーに広告を敬遠される可能性がある

Twitter動画広告は、投稿された動画を再生する前に自動で表示されるインストリーム広告になります。

6秒以上再生される動画はスキップ可能なのですが、たとえ6秒であっても、目当ての動画を見る前に広告が出ることに対し、煩わしさや不快感を持つユーザーもいます。

そのため、せっかくのプロモーションがマイナスの印象に受け取られる可能性があるという点も、デメリットのひとつと言えるでしょう。

Twitter動画広告の事例

東芝ライフスタイル株式会社は、Twitter動画広告を使用して新製品の掃除機をプロモーションしました。動画下にボタンを配置する形式の広告でリツイートをしやすくさせ、認知度も向上させたことで、より多くのユーザーにプレゼント賞品キャンペーンへの参加をしてもらうことに成功しました。

【引用:東芝ライフスタイル株式会社Twitter広告】

Twitter動画広告を制作するポイント


Twitter動画広告は若年層へアピールしやすく、コアなターゲティングで効果を得やすいというメリットがありますが、それを活かして成果へつなげるには、どんな工夫が必要でしょうか。
ここでは、Twitter動画広告を制作するポイントをご紹介します。

冒頭の6秒で心を掴む

先ほども述べたように、Twitter動画広告は冒頭6秒でスキップ可能になりますので、多くのユーザーはスキップすることを前提として広告を見ることになります。

ゆえに、冒頭の6秒で、いかに視聴者の心を掴めるかがプロモーションの鍵になります。

訴求ポイントはできるだけコンパクトにまとめ、冒頭の6秒を見ただけでも十分にアピールできる内容を作り上げていくことがポイントです。

動画は、スマートフォンの視聴を考えて制作する

Twitterのユーザーはスマホから見ている方が多いと言われているため、動画広告が細かい映像では主旨が伝わりにくくなる可能性があります。

よって、Twitter上で効果的に宣伝するためには、スマートフォンの視聴を考えた動画を制作し、見やすい構成にするよう心がけましょう。

多くのキーワードを設けることで、リーチに繋げる

Twitter動画広告のコアな層にもリーチしやすいという特性を活かして、PR商材を紹介したいユーザーの設定をできるだけ細かく設定し、大量のキーワードを設けることでリーチに繋げることができます。

この際、少なくとも20個以上のキーワードを設けておけば、効果的なプロモーションが期待できるでしょう。

 

まとめ

今回は、Twitter動画広告の基本から効果的な使い方について解説してきました。

Twitter動画広告を制作する際は、Twitterの特性を頭に入れ、それに合った映像の構成や内容を心がけることが重要です。

また、低コストでも出稿できるTwitter広告の特性を活かすために、自社で動画広告を制作することも方法の一つではないでしょうか。

 

弊社RAIDでは、皆さまのご要望をしっかり聞き取ったうえで、メッセージがしっかり伝わる動画制作を行っております。無料のご相談も承りますので、問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

ataka

芦屋町生まれ、芦屋町育ちのコピーライター。 大卒後に制作を志し、靴の販売から求人広告の制作など、いくつかの職種を経験した後、RAIDへ入社しました。よくココアを飲んでます。

CONTACT

お問い合わせ

些細なご質問でも、お気軽にお電話ください。
はじめての動画制作が安心できるよう、
経験豊富なメンバーで丁寧に回答いたします!

お問い合わせ
0120-551-872

営業時間:9:30~18:00