企業のPR(プロモーション)動画を解説!目的や活用方法、制作のポイントまで

企業のPR(プロモーション)動画 目的・活用法・制作のポイント

近年、PR(プロモーション)動画を作る企業が増加しています。

その名の通り、企業のプロモーションをするための動画ですが、具体的にどういった動画のことを指すのか、どのように活用するのかといったことを解説していきます。

制作の際に気をつけるべきポイントもお伝えいたしますので、企業のPR動画を制作しようとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

企業のPR(プロモーション)動画とは?

企業のPR動画とは、企業が行っている活動や企業の理念、あるいは商品・サービスの特徴やメリットを、映像で視覚的に伝える動画です。
プロモーション動画、プロモーションビデオ(PV)と言われることもあります。

スマートフォンやSNSの普及により、インターネットで動画を観ることが日常となった今、PR動画制作に力を入れる企業が増えています。
今後、5Gが拡がり、高速通信環境が整備されれば、4K画質のPR動画なども増えていくでしょう。

企業がPR動画を作る目的

企業がPR動画を制作する目的は、主に次の3点です。

・知名度の向上
・イメージアップ
・販売促進

PR動画の目的①|知名度の向上

まだ自社のことを知らない層に向けて、社名や事業内容・サービスなどの認知を拡大したい場合に、PR動画は有効です。

自社サイトだけでなく、YouTubeやSNSなどを活用してPR動画を広く配信することで、多くの人に企業のことを知ってもらえます。
また、見込み客の獲得にもつながるでしょう。

PR動画の目的②|イメージアップ

PR動画は企業のイメージアップ、ブランディング向上にも効果的です。

企業に根づいた印象を刷新したい場合や新たなファンを獲得したい場合などに、PR動画でメッセージを視覚的に伝えることによってイメージアップを図ります。

また、採用活動や広報活動の場面でも有効です。
動画を用いることで、伝えるべき情報をわかりやすく正確に届けることができれば、好印象につなげられるでしょう。

PR動画の目的③|販売促進

商品やサービスの良さを伝えるときにも、PR動画がおすすめです。
店舗を持たない企業や、無形商材を扱う企業は、特にPR動画に力を入れています。

商品・サービスの内容、使用イメージなどを映像で具体的に伝えつつ、そこからECサイトやお問い合わせフォームへの導線を作ることで、販売促進、新規顧客の獲得につなげることができます。

以上のような目的で、PR動画は活用されています。
動画はBGMやアニメーションなどを用いてストーリーを表現できる分、静止画よりも伝えられる情報が多く、ユーザーの記憶に定着しやすくなるという点も大きなメリットです。

企業のPR動画の種類

企業のPR動画には、いくつかの種類があります。
代表的なものは、次の4つです。

・商品・サービス紹介動画
・企業ブランディング・会社紹介動画
・ハウツー(HowTo)動画
・採用(リクルート)動画

商品・サービス紹介動画

企業の商品や、サービス内容を訴求するPR動画です。

自社の商品やサービスでどんな課題を解決できるのかを伝えること、また視聴者が、その商品やサービスを使っていることを具体的にイメージできる内容にすることがポイントです。

ハウツー(HowTo)動画

商品やサービスの具体的な使い方、活用方法などを紹介した動画です。
消費者によるハウツー(使い方)の検索ニーズは高く、「既存顧客のフォロー」と「見込み客の獲得」、どちらにも有効です。

わかりやすく簡潔であること、また、企業のウェブサイトにある「よくある質問(Q&A)」ページのように、多くの顧客が持つであろう疑問を解決できるような内容の動画になっていることが大切です。

企業ブランディング・会社紹介動画

まだ自社の名前や事業を詳しく知らない層に向けて、事業内容や理念、サービスをPRすることで、企業の価値を伝える動画です。

ブランディングのための動画では、演出方法が重要になります。
企業の世界観が伝わる演出、社名や事業内容を印象づけられるような内容であることが重要です。

採用動画

最近では採用活動のオンライン化が進んでおり、人材採用のためのPR動画を制作する企業も増えています。

働く環境や担当業務、また、企業の魅力がしっかりと伝わる内容で、求職者が働く自分の姿を想像できるような動画が人気です。

PR動画の活用場面

PR動画は様々な場面で活用できます。

<主な活用場面>
・自社サイトへの掲載
・動画広告として運用
・YouTubeに投稿
・SNSでの発信
・オフラインメディア(デジタルサイネージなど)への掲載
・セミナー、イベントで使用

このようにPR動画はオンラインだけでなく、セミナーやイベント、営業活動などオフラインの場面でも活用できます。また、SNSをうまく活用すれば、多くの人に無料で拡散することも可能です。

「動画制作には費用も時間もかかるのでは?」と懸念されている方も多いかと思いますが、一度制作すればあらゆる場面で何度も使い回しでき、結果的にコストパフォーマンスが良くなるという点も、PR動画が人気である理由の一つです。

PR動画の制作は自社と制作会社、どちらがいいのか

企業のPR動画を作る方法は、自社で企画から制作まで行うパターンと制作会社に依頼するパターンが考えられます。

最近では、直感的な操作で簡単に動画を編集できるツールも増えており、動画制作の経験がない人でも手軽に作れるようになりました。制作費用をかけずにPR動画を作りたい場合には、自社制作がおすすめです。

ただし自主制作の場合には、そのぶん社内でリソースをまかなうことになるため、制作の負担が増えます。また、高度な技術や機材が必要となる動画は難易度が高いです。

一方、動画のクオリティを重視するなら、制作会社に依頼することをおすすめします。
制作会社に依頼すると、そのぶんコストはかかってしまいますが、プロの技術やアイデアを取り入れた完成度の高い動画に仕上がります。

実績の多い制作会社に依頼すれば、蓄積された知見を基にしたマーケティングの視点から、様々な提案をしてもらえるでしょう。

どちらにもメリット・デメリットはありますので、それぞれの特性を理解して、総合的に判断されることをおすすめします。

<動画制作会社の選び方について、詳しくはこちら>
高いマーケティング効果を出せる、動画制作会社の選び方

PR動画制作で最初にやるべき3つの準備

一般的に、PR動画の制作は、
企画 → 撮影 → 編集 → 公開 → 分析・改善
という流れで進めていきますが、企画の前段階で準備しておくべきことが3つあります。

1. 動画の目的を明確にする
2. ターゲットを定める
3. 伝えたいメッセージを決める

上記の3点は動画制作をするにあたって大変重要なポイントで、自主制作であっても制作会社に依頼する場合であっても、必要な準備になります。

準備①動画の目的を明確にする

まずは、PR動画の制作目的を明確にしましょう。

「新サービスの紹介動画を制作し、新たな顧客を獲得すること」
「既存顧客に向けたハウツー動画を作って、ファン化を狙うこと」
など、PR動画を制作することで何を達成したいのかをはっきりとさせましょう。

目的がはっきりしていなければ、動画の内容にズレが生じます。
例えばハウツー動画を制作する場合でも、見込み客に商品購入を促すことが目的なのか、既存顧客にサイトの会員登録をしてもらうことが目的なのかによって、方向性や演出方法が変わるかもしれません。

目的を明確にする際は「新規顧客を300人獲得する」「会員登録人数を100人増やす」など、具体的な目標数値を合わせて設定することで、より具体的な戦略を立てることができるでしょう。

準備②ターゲットを定める

PR動画を見てほしい人は誰か、ターゲットとなる人物像をできるだけ細かく設定してください。

ターゲットは目的を明確にすることによって大まかには決まるものですが、さらに深掘りして考える必要があります。
例えば、商品紹介であれば既存顧客や見込み客、採用動画であれば求職者がターゲットになりますが、それだけでは範囲が広すぎます。

PR動画をどんな人に観てもらいたいのかを具体的にイメージして、「ペルソナ」という人格レベルにまで落とし込んでいきましょう。
ペルソナとは、ある1人の架空ターゲットのことで、マーケティングを行う際はこのペルソナを設定することがとても重要になります。

性別、年齢、家族構成、趣味、経歴やスキル、どんな悩みを持っているのか・・・など、具体的な人物像になるまで掘り下げて考えることで、届けたいターゲットに刺さる内容のPR動画を制作できるでしょう。

<ペルソナ設定についての参考記事はこちら>
動画制作における、ターゲットとペルソナの違いとは?

準備③伝えたいメッセージを決める

しっかりとPRしたいと考えるあまりに、動画の中にたくさんの情報を盛り込むケースがありますが、これは逆効果になることも考えられるので注意が必要です。

PR動画では「これだけは伝えたい」というメッセージをなるべく絞って伝えることをおすすめします。
一度に多くの情報を入れてしまうと、何が最も大切な情報なのかがぼやけてしまい、その結果、全体的に印象の残らない動画になってしまう可能性があります。

動画の内容を詰める前に、「視聴者に最も伝えたいことは何か」について決めておきましょう。

ぜひ、こちらの記事もあわせてお読みください。
会社紹介動画の制作の流れ
会社紹介動画制作はシネマチックな映像で。

まとめ

今回は、企業のPR動画について解説してきました。
もし、PR動画を動画制作会社へ依頼される場合は、複数の制作会社をピックアップして、見積もりを依頼されることをおすすめします。

弊社RAIDでは、皆さまのご要望を丁寧にお聞きしたうえで、メッセージがしっかり伝わる動画制作を行っております。無料のご相談も承りますので、問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

筆山 映子

動画の分かるフリーランスライターとして活動しつつ、RAIDの専属ライターとして、執筆活動やWEB運営の仕事をしています。このブログでは、動画を活用してビジネスに役立てていく方法などを広く発信していきます。

CONTACT

お問い合わせ

些細なご質問でも、お気軽にお電話ください。
はじめての動画制作が安心できるよう、
経験豊富なメンバーで丁寧に回答いたします!

お問い合わせ
0120-551-872

営業時間:9:30~18:00