企業のインタビュー動画を作るには?制作の流れやコツ、事例を紹介します

企業のインタビュー動画を作るには?

動画にはさまざまな手法、演出方法がありますが、今回は「インタビュー動画」を取り上げていきます。取材対象者を決めてインタビューを行い、話している様子を撮影して動画にする手法です。

最近では企業のPR動画でもよく活用されており、代表的なものとしては口コミ動画や採用動画が挙げられます。
本記事では、インタビュー動画の制作の流れや必要な準備、具体的な事例をご紹介していきます。

インタビュー動画の制作をお考えの企業担当者様は、ぜひ参考にしてみてください。

インタビュー動画の目的と効果

企業がインタビュー動画を制作する目的

まず簡単に、企業のインタビュー動画はどういった場面で使用されるのか、その目的と効果についてお伝えします。
企業がインタビュー動画を制作する際は

・販売促進
・採用活動
・ブランディング

を目的としていることが多いです。

販売促進を目的としたインタビュー動画

商品・サービスの販売促進を目的とした動画では、お客様のリアルな声や口コミを伝えるインタビュー動画が効果的です。
実際に商品やサービスを利用している顧客にインタビューを行い、使用方法や使った感想などの実体験を語ってもらいます。

現在は、口コミ情報が売れ行きを大きく左右する時代。企業の作った広告よりも個人の感想が信頼されやすい傾向にあるため、愛用者のリアルな声を届けることで販売促進を狙うという方法です。

また、商品の開発担当者が商品の性能や開発秘話について語るインタビュー動画などもあります。

採用活動を目的としたインタビュー動画

採用活動を目的とした動画では、社員へのインタビュー動画がよく取り入れられています。入社当時の思いや現在の仕事内容、会社への思いなどを語ってもらうというインタビュー動画です。

こちらも販売促進のインタビュー動画と同様に、よりリアルに情報を伝えるために取り入れられています。
新卒採用向けであれば入社1~3年目の若手社員、中途採用向けであれば同じくキャリア採用で入社した社員が出演するケースが多いでしょう。

ブランディングを目的としたインタビュー動画

ブランディングを目的としたものは、経営者へのインタビュー動画が代表的です。
これは社内向け、あるいは株主や投資家向け、また取引先に向けたブランディング動画で用いられることが多いでしょう。採用活動にも効果的です。

経営理念やビジョン、企業の将来性などを具体性を持って伝えるため、経営者の思いを言葉にして直接届けることができます。

インタビュー動画の制作の流れ

ではここからは、インタビュー動画の制作方法についてです。

企業のインタビュー動画の場合、制作会社に依頼することがほとんどかと思いますが、中には自社でチームを作って制作するケースもあるかもしれません。

いずれにせよ、大まかな制作の流れは次のようになります。

インタビュー動画 制作の流れ

1.メンバー決定・招集
動画制作に関わるメンバーを決め、全員で集まりましょう。
いわゆるキックオフミーティングです。

「どのような目的で動画を作るのか」「どのようなスケジュールで動くのか」といったことを全員で共有します。

またそれに合わせて、各自の役割ややるべきことを決めていきます。

2.動画の内容を決める
どのようなインタビュー動画にするのかを企画します。

出演者、質問内容、何を伝えるのか・・・など、動画の具体的な内容を決めていきましょう。方向性が固まったら、動画の流れを把握できるような絵コンテや台本の作成も必要です。

3.動画を撮る
動画のシナリオができたら、カメラや照明、撮影場所などを手配して撮影に入ります。
撮影に入る前には事前打ち合わせや、リハーサルなども必要になるでしょう。

4.動画を編集する
動画の撮影が終わったら、撮ったものを編集していきます。
あらかじめ決めていた尺に合わせて、撮った動画を切ったり繋ぎ合わせたりといった作業です。

また、必要に応じてナレーションやアニメーション、BGMなどを加えます。

5.内容を確認・修正する
編集が終わったら、必ず出来上がりをチーム全体(あるいは責任者など)でチェックしましょう。

「字幕に誤字がないか」「聞きやすい音量になっているか」といった細かい部分の確認はもちろんのこと、「目的を達成できる内容になっているか」という点をターゲットの視点を持ってチェックすることが必要です。

改善点を洗い出したら、修正を加えて再びチェック。こうして動画を完成させていきます。

必要な準備

大まかな制作の流れを把握したところで、撮影の前にやっておかなければならない準備について見ていきましょう。

インタビュー動画の撮影前にやるべき準備はたくさんありますが、その中でも重要なポイントは以下の通りです。

撮影前に必要な準備

動画の目的・ターゲットを明確にする

まずは「何のためにインタビュー動画を作るのか」という目的を明確にしましょう。
最も伝えたいことは何か」という風に考えても良いかもしれません。

例えば採用活動のために社員にインタビューするのであれば、そのインタビューを通して求職者にどのようなメッセージを伝えたいのかを考えましょう。

あわせて、ターゲットを明確にすることも重要です。
どんな人にそのメッセージを届けたいのか、具体的なイメージを持つようにしてください。

目的やターゲットによって、出演者やインタビュー内容は変わってくるでしょう。
まずは目的・ターゲットを明確にし、常にそれを基準に構成や演出などを考えていく事が、統一感のある内容の動画に仕上げる秘訣です。

動画の構成を決める

撮影前に、動画の構成を考えましょう。
動画の尺を決め、その中でどのようなストーリーを展開するのかを企画します。

冒頭で視聴者の心をつかみ、最後まで観てもらえる構成でなければなりません。
序盤・中盤・終盤などに場面を分け、まずは大きな枠組みやストーリーを考え、その後に細かい部分を詰め、台本を作っていくと良いでしょう。

その際も、最初に決めた動画の目的・ターゲットを軸にして考えることが大切です。

質問を事前に共有する

動画の出演者を決めたら、その人たちに動画の構成や質問する内容を事前に伝えておく必要があります。

当日伝えてすぐに対応できる人はなかなかいません。
しっかり準備できるように、あらかじめ質問内容を伝えておくことが親切です。
また、出演者が緊張したり戸惑うことのないように、事前に打ち合わせをするなどの配慮も大切です。

撮り直しや編集作業を減らし、スムーズな進行をするためにも必ず行いましょう。

撮影機材、場所を確保する

撮影日時や場所、機材を確保しましょう。
スケジュール調整は早めに行い、念のため予備日を設けておくと安心です。

機材は必ず前もって動作確認を行い、あらかじめ考えておいた構図をもとにカメラアングルや照明の位置まで決めておくと、なお良いでしょう。

一般的にインタビューで必要となる機材は以下です。

・正面用カメラ1台
・別アングル用のカメラ1~2台
・三脚
・照明
・ピンマイク・ガンマイク

インタビュー撮影 5つのコツ

準備が整ったらいよいよ撮影に入るわけですが、インタビュー撮影の際に気をつけるべきことをお伝えします。

インタビュー動画は、撮影方法やインタビューの内容が成否を分けるといわれます。
プロに依頼せず自分たちで撮影する場合には、以下の5つのポイントに注意しましょう。

1. 余計な物音が入らない場所で撮影する
2. 構図・サイズを工夫する
3. 編集する前提で撮影する
4. 出演者の緊張を和らげる
5. 大きな声ではっきりと喋ってもらう

余計な物音が入らない場所で撮影する

インタビュー動画は出演者の話がメインになりますので、声がかき消されたり話に集中できなくなったりするような雑音が入らないように注意してください。

編集でノイズをカットするなどもできますが、そのぶん工数がかかりますし、技術も必要です。
外での撮影や、職場内を歩き回ってインタビューするなどであれば別ですが、なるべく、周囲の騒音が入らないように気をつけて撮影しましょう。
撮影スタッフの動きにも注意が必要です。

構図・サイズを工夫する

被写体を撮るときは、まず構図やアングル、撮影サイズを決める必要があります。
同じ画角のショットばかりだと単調な動画になってしまうので、複数の位置(正面のショット、左右からのショットなど)でカメラをセットし、使い分けられるようにすると良いでしょう。

画面上の配置は真ん中、あるいは三分割ルール(画面上に縦に3分割、横に3分割になるように線を引き、その線が交わる場所)の位置に被写体を置くようにすると、視聴者の視線が集めやすくなると言われています。
目線に関してはインタビュアーを立てて、そちらを見てもらうようにすると自然に話す表情が撮れます。

インタビュー動画撮影の構図例

また撮影のサイズも押さえておきましょう。
基本的には、人物の胸から上を写したバストショット(ミディアムショット)で撮り、強調したいメッセージが流れる場面ではアップショットにするといった変化をつけるのもおすすめです。

被写体のサイズ

なお、インタビュー動画のカメラアングル(角度)は「アイアングル」という目線に水平の位置で撮るのが一般的です。

インタビュー動画のカメラアングル

編集する前提で撮影する

動画は後で編集しやすいように、使用する部分の前後に数秒程度の余裕を持たせて長めに撮るようにしてください。
また、テロップを入れたときに被写体に文字や装飾が被ってしまうことがないように、前もって大体の挿入位置を把握して撮影する必要があります。

そして、インサート動画(途中で挿し込む動画)として使えるように、商品や社内の風景などの素材も、たくさん撮影しておくことをおすすめします。

出演者の緊張を和らげる

普段からメディア対応などでインタビューに慣れている人は別ですが、大抵の出演者が撮影前は緊張していることでしょう。
話し手の緊張は、声色や表情などで動画にも現れてしまいますので、出演者にはリラックスした状態で撮影に臨んでもらうことが重要になります。

そのためには雰囲気作りが大切です。
撮影前に雑談の時間を設けるなど、出演者の緊張をほぐし、和やかな雰囲気を作ってからインタビューを始めましょう。

カメラを意識すると緊張感が増す可能性がありますので、雑談の時点から回しておくのも一つの手です。

大きな声ではっきりと喋ってもらう

インタビュー動画は話す人の声が命です。
どれだけかっこいい編集をしても、話していることが伝わらなければ意味がありません。

そのためにも、事前に質問する内容を伝えて回答を準備してもらう必要があるのですが、それだけでは良い動画にはなりません。
事前に何度か練習をしてもらい、スムーズにはっきりとした口調で話してもらうようにお願いしましょう。

声のボリュームに関してはマイクをつけるので、あまりに大きな声で話す必要はないかもしれませんが、ボソボソとした話し声にならないように注意が必要です。

事例紹介

では最後に、弊社RAIDが手掛けたインタビュー動画を2つご紹介します。


「九州機電様 リクルート動画」


「JForest 宮崎県森林組合連合会様 県産材 木製遊具製作プロジェクト」

弊社は福岡の動画制作会社です。

1977年の創業以来、実績案件は25,000件以上になります。
インタビュー動画はもちろん、企業のPR動画からブライダル動画まで様々な映像制作を行なっております。

その他の制作実績もぜひご覧ください。
制作実績 | 福岡の動画制作会社ならRAID

まとめ|かっこいいインタビュー動画とは?

以上、インタビュー動画の作り方について解説してきました。

かっこいいインタビュー動画を作るには、カメラワークに加えて、映像のつなぎ合わせ方やBGM、グラフィックの入れ方などの編集技術が大きく影響します。

今は初心者でも簡単に動画編集ができるツールがありますが、企業のインタビュー動画を作りたいということであれば、やはりプロにお願いするのが一番よいでしょう。

弊社RAIDでは、皆さまのご要望を丁寧にお聞きしたうえで、メッセージがしっかり伝わる動画制作を行っております。無料のご相談も承りますので、問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

筆山 映子

動画の分かるフリーランスライターとして活動しつつ、RAIDの専属ライターとして、執筆活動やWEB運営の仕事をしています。このブログでは、動画を活用してビジネスに役立てていく方法などを広く発信していきます。

CONTACT

お問い合わせ

些細なご質問でも、お気軽にお電話ください。
はじめての動画制作が安心できるよう、
経験豊富なメンバーで丁寧に回答いたします!

お問い合わせ
0120-551-872

営業時間:9:30~18:00