企業が動画コンテンツを作るメリット・デメリットを解説!

企業における、動画コンテンツ制作のメリット・デメリットとは

インターネットでの動画視聴が当たり前の世の中になった今、オリジナルの動画コンテンツを制作する企業が増えています。

しかしながら
「動画マーケティングって、効果あるの?」
「時間も費用もかかるのでは?」
と疑問に感じ、まだ制作に踏み切れないという企業も多いのではないかと思います。

今回は企業が動画コンテンツを制作するメリット・デメリット、取り組むべき理由について解説していきます。
ぜひ、参考にしてみてください。

動画コンテンツとは?

動画コンテンツというと、ドラマやアニメなどの作品を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、もちろんそれだけではありません。
ニュースやドキュメンタリー映像、プロモーションビデオ、YouTubeなどで配信されている動画、CMまですべて動画コンテンツに含まれます。

企業が販売促進やブランディング、認知拡大を目的として制作する動画コンテンツには、主に次のようなものがあります。

動画コンテンツの種類

商品・サービス紹介動画
顧客や見込み客向けに自社の商品やサービスを紹介する動画です。

主に商品のPR動画やHowTo(ハウツー)動画、既存顧客や開発担当者をインタビューした動画などが挙げられます。

ブランディング動画
企業の認知拡大やイメージアップを図るための動画です。
ブランドのイメージビデオのようなものから、会社のビジョンや事業内容、将来性を伝えるような動画まで演出方法は様々です。

映像はもちろん、アニメーションやグラフィック、BGMなども駆使して、ブランドの世界観を打ち出します。

採用動画
採用活動においても、動画の活用は主流になりつつあります。
コロナ禍以降、オンラインでの採用活動が加速したことも要因です。

会社の風土や仕事風景などを映像でよりリアルに伝えることで、採用のミスマッチを防ぎます。

動画広告
YouTubeや各種SNSで配信できる動画広告も、企業が制作する動画コンテンツのひとつです。

広告配信にはコストがかかりますが、その分より多くのターゲットにリーチできます。
プラットフォームごとにユーザー層や特性が異なりますので、目的にあった配信先を選ぶことが大切です。

なぜ今、動画コンテンツマーケティングに取り組むべきなのか

企業はなぜ今、動画コンテンツマーケティングに取り組むべきなのか

今、動画コンテンツを用いたマーケティングに力を入れる企業が増えてきています。

コンテンツマーケティングにもいろいろありますが、その中でもなぜ、動画コンテンツなのでしょうか?
それは一言でいうと「今の時代に合っているから」なのですが、具体的には下記のような理由が挙げられます。

1. インターネットでの動画視聴が普及した
2. 動画配信のプラットフォームが増えてきた
3. 動画での情報収集ニーズが高い

インターネットでの動画視聴はここ数年でかなり浸透しましたが、今後、5G(第5世代移動通信システム)が普及すればなおさらです。

5Gは超高速・多数同時接続・超低遅延の最速データ通信で、現在主流の4Gに比べると、約3倍の速度で通信が可能になります。
動画のダウンロードやストリーミング再生の速度は現在よりもはるかに速くなり、今後もインターネットでの動画視聴の流れはさらに加速するでしょう。

また言うまでもなく、YouTubeなどの動画を配信できるプラットフォームが増えたことも、動画コンテンツを取り入れる企業が増えた理由の1つです。

自社アカウントでオリジナルコンテンツを配信してファンを獲得、認知拡大する企業が増えてきました。
動画広告の市場規模も年々拡大しており、この先も増加していく見込みです。
そして、情報収集目的で動画を観る人もかなり増えています。
動画の方がテキストよりもイメージしやすく、早く理解できるためです。

「商品を買う前に、実際に使っているレビュー動画を見たい」
「求人に応募する前に、会社の雰囲気を知りたい」
などのニーズは、今後も確実に増えていくことが予想されます。

このような理由から、企業が今取り組むべきは動画コンテンツマーケティングといえるでしょう。

動画コンテンツを制作するメリット

では、本題でもある「動画コンテンツならではのメリット」についてです。

動画コンテンツのメリットには、次のようなことが挙げられます。

動画コンテンツのメリット
・伝えられる情報が多い
・理解しやすい
・記憶に定着しやすい
・SEOに効果がある
・SNSでの拡散が期待できる

伝えられる情報が多い

動画コンテンツのメリット|伝えられる情報が多い

動画はテキストや音声よりも、はるかにたくさんの情報を伝えられるということがわかっています。

2014年、アメリカの調査会社Forrester Research社が「1分間の映像はおよそ180万文字のテキストに匹敵し、文字情報と比較して約5000倍の情報が伝えられる」ということを発表しました。

一方、人が1分間で読める文字量は1000文字にも満たないのではないでしょうか?
長い文章で説明しても読むのに時間がかかってしまう上に、そもそもユーザーが全てを読んで理解してくれるとは限りません。

よって、圧倒的に多くの情報を素早く伝えられることは、動画コンテンツならではのメリットです。

理解しやすい

動画コンテンツのメリット|理解しやすい

テキストや音声より理解しやすいというのも、動画コンテンツのメリットです。

テキストや音声のみの情報の場合、受け手が自分の頭の中でイメージを描きながら内容を理解していかなければなりませんが、動画の場合はそのプロセスが不要になります。
伝えたいイメージを映像で表現して届けることができるため、伝える側と受け手との認識の相違が起こりづらくなることが特徴です。

また、映像を用いることで、テキストや音声だけでは伝えきれない細部まで伝えることが可能になります。
「商品・サービスの細部」や「社内の雰囲気」のような文章では伝えづらいものも、実際の映像を使用することでイメージが湧きます。

記憶に定着しやすい

動画コンテンツのメリット|記憶に定着しやすい

「記憶に定着しやすい」という点も、動画ならではのメリットです。

記事コンテンツよりも動画コンテンツの方が、記憶の定着率が2倍高くなるという調査結果もあります。

映像や音声、グラフィックなどを駆使して作り込まれた動画コンテンツは、視聴者に強く印象を残すことができ、思い出してもらえる確率も高くなるでしょう。

SEOに効果がある

動画コンテンツのメリット|SEOに効果がある

動画コンテンツは、SEO施策としても効果があると言われています。
SEOとは、Webサイト(Webページ)を検索結果の上位に表示させるため、最適化を図ることです。

動画コンテンツはユーザーの興味をひく可能性が高く、滞在時間も長くできることから、Webサイトに埋め込むことで結果的に、SEOにも効果的と考えられています。

もちろん、Webサイトの内容と関連する動画であることが重要ですが、動画コンテンツはSEOマーケティングの観点でもメリットになるといえるでしょう。

SNSでの拡散が期待できる

動画コンテンツのメリット|SNS拡散が期待できる

動画コンテンツは自社サイトに埋め込む以外にも、SNSで発信し、拡散を狙うこともできます。
TwitterやInstagramなどのSNSでは、単に文字や画像だけの投稿よりも、動画投稿の方がインプレッションは高くなる傾向にあります。

投稿した動画が話題になれば、一気に認知拡大することも可能です。

動画コンテンツを制作するデメリット

動画コンテンツを制作することには多くのメリットがある一方、デメリットもありますので理解しておきましょう。

動画コンテンツのデメリット
・制作に時間がかかる
・費用がかかる
・社内にノウハウがない

制作に時間がかかる

動画コンテンツは、制作に時間がかかることがデメリットといえるでしょう。

動画制作には企画、場所・機材の手配、撮影、編集など多くの工程が必要になります。
SNSのように、企画が立ち上がったその日からすぐに投稿できるというものではなく、準備・制作期間が必要です。

制作にかかる期間は1週間程度で完成する場合もあれば、数ヶ月~1年の期間を要するものまで、作る動画の内容によってまちまちですが、企業が制作する動画にはやはりクオリティが重視されますので、企画から完成までの期間は少なくとも1ヶ月~2ヶ月程度かかると見込んでおいた方が良いでしょう。

費用がかかる

動画制作には費用がかかります。
少なくとも数万円~数十万円以上は必要で、映像技術や出演者などにこだわれば何百万とかかる場合もあるでしょう。

「動画制作会社に依頼すれば費用がかかるけど、自社の職員で制作すれば安く抑えられるのでは?」と思われるかもしれませんが、自社で制作する場合でも同様です。

機材や場所代、制作スタッフや出演者の人件費、制作期間などを考えると結果的にコストがかかってしまったという場合も少なくありません。
さらに、完成品のクオリティが低く、結局制作会社に依頼することになったというケースも多く見られます。

制作費用がかかってしまうことはデメリットになりますが、動画は一度作るとあらゆる場面で長期的に使い回しができる資産になりますので、費用対効果は高いといえるでしょう。

<関連記事>
企業の業績を上げる、動画マーケティングの効果的な活用法

社内に動画制作ノウハウがない

社内に動画制作・動画マーケティングのノウハウがなく、取り組むためのハードルが高いこともデメリットの1つです。

見よう見まねで調べながら制作したとしても「映像のクオリティが低い」「目的と演出手法がズレている」といったことが起こるでしょう。
そのため、時間をかけて動画コンテンツを制作したにもかかわらず、思うような効果が得られないというケースが散見されます。

社内にノウハウがない場合は、動画マーケティングに強い制作会社に外部委託することをおすすめします。

<関連記事>
高いマーケティング効果を出せる、動画制作会社の選び方

まとめ

今回は、動画コンテンツ制作のメリット・デメリットを解説しました。

文中でもお伝えした通り、動画制作には時間も費用もかかりますが、完成した動画は長期的な資産になり、結果的にコストパフォーマンスの良いマーケティング施策となる可能性が高いです。

今後は、ますますインターネットでの動画視聴が主流になることは間違いありません。
ブランディングや販売促進に、ぜひオリジナルの動画コンテンツを制作されてみてはいかがでしょうか?

弊社RAIDでは、皆さまのご要望を丁寧にお聞きしたうえで、メッセージがしっかり伝わる動画制作を行っております。無料のご相談も承りますので、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

▶︎お問い合わせはこちらから
お問い合わせ | 福岡の動画制作会社ならRAID

筆山 映子

動画の分かるフリーランスライターとして活動しつつ、RAIDの専属ライターとして、執筆活動やWEB運営の仕事をしています。このブログでは、動画を活用してビジネスに役立てていく方法などを広く発信していきます。

CONTACT

お問い合わせ

些細なご質問でも、お気軽にお電話ください。
はじめての動画制作が安心できるよう、
経験豊富なメンバーで丁寧に回答いたします!

お問い合わせ
0120-551-872

営業時間:9:30~18:00