Instagram(インスタグラム)のプロアカウント活用方法!集客のコツや注意点を解説!

インスタグラムの運用方法・集客のコツ

多くの企業では公式Instagram(インスタグラム)のアカウントを既にお持ちではないかと思います。

しかしながら、機能をうまく活用できずに、
「更新しているのにフォロワーが増えない」
「もっと販促や集客に活用したい」
というお悩みをお持ちの企業がまだまだ多いのではないでしょうか。

今回は、Instagramのプロアカウント(ビジネス用アカウント)を活用するメリットや集客のコツについて解説していきます。
ぜひ、参考にしてください。

なぜ、集客にはInstagram(インスタグラム)がおすすめなのか

今やインスタは情報収集ツール

今、多くの企業でInstagramを活用した集客が行われています。
様々なSNSがあるなかで、なぜInstagramが活用されているのでしょうか?

その理由としては、Instagramのユーザー層が拡大していることや、機能が進化し、使い方が多様化したことなどが挙げられます。

Instagramの日本版がスタートしたのは、2014年です。
当初は10~20代の若者の利用が大半で、投稿内容も「インスタ映え」といわれるような非日常的な写真やクリエイティブなものが好まれる傾向にありました。

しかし現在では、国内で3300万人以上のアクティブユーザーを抱えるSNSに成長し、より日常に根付いた投稿が主流になりました。(2019年のFacebook公式より)
若者だけでなく、30~40代のユーザーも着実に増加傾向にあります。

そして、Instagramは他のSNSと比較して#ハッシュタグ機能が発達していることが特徴です。さらに、ライブ配信や短尺動画の投稿も可能になるなど機能も進化しています。

その結果、Instagramは検索エンジン的な役割を持つようになりました。

特に、
・新商品の発見
・店舗などの情報検索
・商品購入
のために使われることが多く、視覚的な情報を求めるユーザーの情報収集ツールとして活用されています。

以上のようなことから「Webでの集客を増やしたい」「販売促進のためにSNSを活用したい」という企業には、Instagramでの集客も一つの方法といえるでしょう。

Instagramで集客するなら、プロアカウントを開設しよう

Instagramには、一般アカウントとは別にビジネス向けの「プロアカウント」があります。企業が集客目的で始める場合には、ぜひプロアカウントを利用しましょう。

プロアカウントであれば、アクセス解析や広告出稿などもすぐにできます。
簡単に始められますので利用しない手はありません。

プロアカウントを活用するメリット

プロアカウントを活用するメリットは、次の通りです。

インスタグラムプロアカウントを集客に使うメリット

・無料で利用できる
・ビジネスカテゴリを設定できる
・問い合わせ先を載せられる
・Instagramインサイトを利用できる
・広告出稿でき、CV(コンバージョン)につなげやすい

まず、Instagramのプロアカウントは無料で利用できます。
もともと一般のアカウントを利用している場合でも、簡単にプロアカウントへ切り替えられます。

プロアカウントに切り替えると、ショッピング・小売り、健康・美容、食料品店といった様々なカテゴリの中から自社の業種を選択できるようになるため、どういったアカウントなのかを瞬時にユーザーへ伝えることができます。
また、メールアドレスや電話番号などの問い合わせ先も掲載でき、Instagram経由でのお客様対応が可能になります。

そして、最大の利点は「Instagramインサイト」という分析ツールを利用できることではないでしょうか。
フォロワー数の動向や、投稿単位でのリーチ数、インプレッション数などを把握し、分析・改善に活用できます。
フィード(タイムラインに流れる通常の写真投稿)だけでなく、ストーリーズやリール、インスタライブなどの動向を確認することも可能です。

さらにプロアカウントであれば、広告出稿もできます。
広告にCTAボタンを設置し、自社のECサイトやアプリのダウンロードなどに誘導できるため、コンバージョンにつなげやすいというメリットがあります。

Instagramプロアカウントで集客を最大化させる10のコツ

インスタグラム運用10のコツ

プロアカウントを運用し、集客をアップさせるコツをご紹介します。
できることから、ぜひ取り組んでみてください。

<Instagram運用 10のコツ>
1. フォロワーにとって有益な情報を投稿する
2. ターゲットを明確にする
3. プロフィールの工夫や問い合わせ先の設定
4. 投稿後に分析・改善をおこなう
5. ハッシュタグや位置情報の機能を活用する
6. ショッピング機能を活用する
7. リールを活用する
8. インスタライブを行う
9. イベント・キャンペーンを実施する
10. 過去の投稿を広告として運用する

コツ1|フォロワーにとって有益な情報を投稿する

フォロワーを増やし支持されるアカウントに育てるためには、ターゲットに有益な情報を提供することが欠かせません。

商品やサービスを販売したいからといって、広告のような宣伝感の強い投稿ばかりしていてはユーザーの関心が離れていく可能性もあります。

例えば自社の商品・サービスの活用の仕方、あるいは、ターゲットの日常に役立つような情報を発信しましょう。
また、投稿画像の統一感も大切です。フォントやイメージカラーを揃えるなど、デザインや見え方も意識してみてください。

いずれにせよ、ユーザーに興味・好感を持ってもらえるアカウントにすることが大切です。

コツ2|ターゲットを明確にする

有益な情報を発信するためにも「その情報を誰に届けたいのか」というターゲット設定が重要です。
Instagramは既存顧客よりも、見込み客を獲得するためのファンづくりの場といえるでしょう。

20代女性といった広い括りではなく、「子育てと仕事の両立に悩んでいる女性」「流行のファッションに敏感な20代前半の女性、大学生」など見込み客になり得るのはどのような人物かを具体的にイメージし、そのターゲットに有益な情報とは何かを考えることが大切です。

コツ3|プロフィールの工夫や問い合わせ先の設定

Instagramのプロアカウントでは「連絡先」ボタンが表示されます。
これは一般のアカウントにはない機能で、ユーザーがボタンをタップするとアカウント主と直接連絡をとれるようになります。

連絡先にはメールアドレス、電話番号、住所を設定できます。
登録は任意ですが、問い合わせ数アップが期待できるため必ず設定しましょう。

コツ4|投稿後に分析・改善をおこなう

ただ投稿するだけでなく、投稿内容の分析・改善を行っていきましょう。
その際には、ぜひプロアカウントの機能である「Instagramインサイト」を活用してください。

インサイトは「コンテンツ」「アクティビティ」「オーディエンス」の3つのカテゴリがあります。

コンテンツ
フィードとストーリーズ、各投稿のリーチ数や閲覧回数が確認できます。

アクティビティ
インプレッション数やプロフィールへのアクセス数などが確認できます。

オーディエンス
フォロワーの性別や年齢層などの属性を知ることができます。

なお、オーディエンスの項目を利用するには、100人以上のフォロワーが必要です。

コツ5|ハッシュタグや位置情報の機能を活用する

先述しましたが、Instagramの特徴ともいえる「#(ハッシュタグ)」機能はぜひ活用しましょう。

Instagramでは特に若者の間において、商品購入前にハッシュタグ機能を利用した情報収集を行っているという調査結果もあります。
投稿にタグをつけることで、そのタグに興味・関心のあるユーザーへリーチできる可能性が高まるでしょう。

またキャンペーンを開催するときなどにも、特定のハッシュタグをつけて投稿してもらうと、参加者をすぐに把握できるといったメリットもあります。

さらに投稿には、店舗やオフィスの位置情報などもつけておきましょう。
投稿に興味を持ったユーザーを店舗などの訪問につなげることができます。

コツ6|ショッピング機能を活用する

ECサイトがある企業は、ショッピング機能を活用しない手はありません。
Facebookアカウントを持ち、かつ販売者契約とコマースポリシーを遵守すれば無料で利用できます。(アカウント審査が必要になります。)

投稿画像をタップすればショップタグが現れ、それをクリックすると製品ページに遷移します。
商品購入までの導線がスムーズで、ユーザーは気に入った商品をすぐに購入できるため、利用率も高い機能です。

ECサイトでの商品販売を行っているのであれば、ぜひ利用しましょう。

コツ7|リールを活用する

リールとは15~30秒のショートムービーを投稿できる機能です。
ストーリーズ機能のように時間が経つと消えてしまうものではなく、アカウントの投稿一覧にずっと残すことができます。

リールはタイムラインだけでなく「発見」タブにも表示されるため、フォロワー以外にもリーチできることが特徴です。
BGMやテロップを挿入したり、スローや倍速などのエフェクトをつけたりと様々な編集が可能で、オリジナリティを出すことができます。

商品やサービスを詳しく説明したい場合などは、静止画(写真)よりも効果的ではないでしょうか。
ぜひ、リール機能も活用してみてください。

コツ8|インスタライブを行う

インスタライブは、Instagramアプリ上で生配信する機能です。

スマートフォンが1台あれば、すぐに始められます。
最大4時間まで配信でき、アーカイブを残すことも可能です。

コメント機能や質問機能などもあり、視聴者と双方向のコミュニケーションをとりながら配信できることが特徴です。

自社商品の紹介をしたり、イベントを中継したりと、配信内容は様々です。
新規ファンの獲得に加えて、既存顧客との強いつながりを作る目的に適しています。

コツ9|イベント・キャンペーンを実施する

Instagramでは、イベントやキャンペーンも活発です。
フォロワー数の増加や認知拡大を目的として、プレゼント企画などを実施します。

「アカウントフォロー&いいねをしてくれた人にプレゼント」
「#〇〇(特定のハッシュタグ)をつけて投稿すると抽選で豪華賞品!」
といった企業の投稿を見かけたことがある方も多いと思います。

InstagramにはTwitterのような拡散機能がありませんが、これによってより多くの人にリーチでき、認知拡大が期待できます。

コツ10|過去の投稿を広告として運用する

Instagramのプロアカウントは簡単に広告を出稿できます。

過去に好評だった投稿を広告として使用することや、細かくターゲティング設定することも可能で、限られた予算の中で効果的に広告出稿することができるでしょう。

集客の最大化を狙うのであれば、ぜひ試してみることをおすすめします。

Instagram運用の注意点

インスタグラム運用の注意点

最後に、Instagramをビジネスで運用する際に注意すべきことを5つお伝えします。

・自社のターゲットとInstagramユーザー層が合っている
・写真や動画などのコンテンツを無理なく発信できる
・適切なタイミングで発信する
・宣伝感を抑える
・コメントやDM、問い合わせには迅速かつ誠実な対応をする

自社のターゲットとInstagramユーザー層が合っている

Instagramが集客に効果的とはいえ、どんなビジネスでもマッチするかといえばそうとは限りません。

例えば自社の商品やサービスが高齢者を対象にしたものなら、InstagramよりもYouTubeを利用した発信のほうが効果的かもしれませんし、ビジネスマンがターゲットであればFacebookを活用したほうが良いというような場合もあるでしょう。

集客したいターゲット層がInstagramをよく利用しているかどうか、事前のリサーチは必須です。

写真や動画などのコンテンツを無理なく発信できる

Instagramは写真や動画などの視覚的な情報発信が重要になります。
継続的に投稿できるコンテンツが用意できなければなりません。

自社のブランディングや販促に大きく影響しますので、写真・映像のクオリティにこだわり、アカウントの世界観を統一する必要があるでしょう。

運用を始める前に、必要なリソースやコンテンツを確保しましょう。

適切なタイミングで発信する

投稿するタイミングも重要です。
自社のターゲット層がInstagramをよく利用する曜日や時間帯に投稿を合わせ、機会ロスを防ぎましょう。

一定期間のデータを収集し、反応のよい曜日や時間帯の傾向をつかむとよいでしょう。
データ収集にはインサイト機能を活用するのがおすすめです。

宣伝感を抑える

Instagramでの発信はフォロワーと相互のコミュニケーションを深める場だと考えましょう。「買ってください」といわんばかりの宣伝感の強い投稿や、同じような内容ばかりを押し出した投稿は嫌われる傾向にあります。

タイムラインに表示されたときに違和感を感じるような、PR色の強い投稿は避けましょう。商品を紹介する場合などにも、使っているイメージがわくような写真や、新しい使い方やアレンジの紹介など、ユーザー視点に立った投稿を心掛けてください。

雑誌やカタログを眺めるような感覚で楽しめる投稿がおすすめです。

コメントやDM、問い合わせには迅速かつ誠実な対応をする

Instagramでは、コメントやリアクションなど、ユーザーと直接コミュニケーションをとることができます。
コメントをくれたユーザーには積極的に返信して距離を縮め、コアなファンになってもらいましょう。

また、連絡先を設定すれば、問い合わせやご意見が届く場合もあるかと思います。
営業時間中はできるだけ、担当者がすぐに気づいて対応できる状態にしておくことがベターです。

特にクレームが来た場合などは、すぐに対応できなかったことによってトラブルや炎上に発展する可能性もあります。
お客様担当者や問い合わせのフローを明確にし、迅速かつ誠実な対応を心がけましょう。

まとめ

Instagramプロアカウントのメリット、集客のコツについてお伝えしました。

ユーザー同士のつながり、コミュニケーションを生み出す場であることはもちろんですが、日常に根付いたリアルな情報をつかめるということも、Instagramが人気の理由の一つです。

その特性を生かして、ユーザーに役立つ情報を入れながら自社の商品・サービスをアピールできるアカウントに育てていきましょう。

弊社RAIDでは、皆さまのご要望を丁寧にお聞きしたうえで、メッセージがしっかり伝わる動画制作を行っております。無料のご相談も承りますので、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

▶︎お問い合わせはこちらから
 お問い合わせ | 福岡の動画制作会社ならRAID

筆山 映子

動画の分かるフリーランスライターとして活動しつつ、RAIDの専属ライターとして、執筆活動やWEB運営の仕事をしています。このブログでは、動画を活用してビジネスに役立てていく方法などを広く発信していきます。

CONTACT

お問い合わせ

些細なご質問でも、お気軽にお電話ください。
はじめての動画制作が安心できるよう、
経験豊富なメンバーで丁寧に回答いたします!

お問い合わせ
0120-551-872

営業時間:9:30~18:00