高いマーケティング効果を出せる、動画制作会社の選び方

企業の広報・PR マーケティングが得意な動画制作会社の選び方

以前ブログで「動画制作会社を選ぶ際のチェックポイント」をご紹介したことがありますが、今回はその続編として「マーケティングが得意な動画制作会社を選ぶときのポイント」についてお伝えいたします。

「動画マーケティングが得意かどうか」は動画制作の成否を分ける、とても重要なポイントになりますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

<こちらも参考に>
【動画制作会社の選び方】これだけはチェックしておきたいポイント

動画制作はマーケティングも得意な会社に発注しよう

冒頭でもお伝えしましたが「動画マーケティングが得意な会社であること」は制作会社を選ぶ上で、とても重要なポイントです。
マーケティングに精通している制作会社に依頼した方が、ニーズを的確に把握し、目的を達成できる動画に仕上げてくれる可能性が高いからです。

もちろん制作技術や価格、納期なども制作会社を選ぶ際の大切な項目ではあるのですが、映像のクオリティが高くても、低価格でも、依頼者の目的を達成できなければ意味がありません。

そのため、動画制作を依頼する際は、マーケティング視点を持って制作を行っている会社に発注することをおすすめします。

制作会社へ動画を依頼する前にやるべき準備

まずは制作会社で失敗しないよう、依頼前に必ずやっておくべき準備が3つあります。

・動画制作の目的を明確にする
・用途(配信する場所)を決める
・予算・納期を設定する

これらをしっかりと準備せずに依頼してしまうと、自分たちが意図していないものができあがってしまう可能性が高くなります。動画に関する専門知識や具体的なアイデアはなくても構いませんが、何も準備せずに丸投げすることはおすすめできません。

最低限この3点は、前もって社内で決めておいて、できるだけ具体的に制作会社へ伝えるようにしましょう。

動画制作の目的を明確にする

企業が動画を制作する目的は、大きく分けると次の3つであることが多いです。

・販売促進
・興味喚起、ブランディング
・認知拡大

「顧客に商品(サービス)をPRしたい」「企業価値を向上させたい」「見込客を増やしたい」など、まずは何のために動画を制作するのか、その目的を明確にしましょう。

そしてその上で、目的に応じた目標(KPI)を設定していきます。
例えば、販売促進が動画の目的である場合、

・サイトへの誘導数
・購買率

などが目標(KPI)になるのではないでしょうか。
認知拡大が目的なのであれば、

・動画の再生回数
・動画の視聴者数

といった数字がKPIになります。
ブランディングが目的の場合は

・再生時間
・完全視聴率

などの定量的な目標だけでなく、動画を観た視聴者の感想や観る前と後での印象の変化といった定性的な目標になるかもしれません。

いずれにせよ、動画制作の目的と具体的な目標を制作会社に理解してもらうことで、狙いが的確かつ効果の高い動画を制作してもらうことができるでしょう。

用途(配信する場所・方法)を決める

2つ目の準備として、動画の用途も決めておきましょう。
用途とは、SNSなどの動画広告として運用するのか、セミナーなどで活用するのか、自社サイトに掲載するのかといった動画の配信場所・方法のことになります。

用途によって、適している動画の尺や演出なども変わってきます。
もちろん使い回すことも可能ですが、その場合は汎用性の高い動画にするなどの工夫も必要になるでしょう。

そのため、あらかじめ動画を使うシーンを想定しておくことが大切です。

予算・納期を設定する

そして3つ目に、動画制作の予算や納期を設定することです。

動画制作には企画や撮影、編集をするためにまとまった期間が必要です。予算によってもできることが異なってくるため、この2点は制作前に必ず明確に決めておく必要があるでしょう。

予算の上限を決め、その範囲内でどのような動画が制作できるのかについて相談してみることをおすすめします。作りたい動画のイメージや希望の演出方法がある場合には、どのくらいの費用で制作できるのかを確認してみてください。

また、制作にかかる期間は制作会社によって異なりますので、いつまでに欲しいのか希望を伝え、納期は必ず確認しておきましょう。

動画マーケティングが得意な制作会社の選び方

さて、上記3つの準備ができたらいよいよ制作会社への依頼となりますが、動画マーケティングに精通している制作会社をどのように見分ければいいのでしょうか。

マーケティングが得意な制作会社を選ぶ際は、次の3つのポイントを確認しましょう。

制作実績が豊富

まずは、実績が豊富な制作会社を選ぶとよいでしょう。
実積が多いということは、その分、独自の成功事例とノウハウを持っているということになります。

例えば、あなたの会社の業界に強い(制作実績がある)制作会社であれば、その知見を活かして動画を制作してもらえるでしょう。
また、作りたいイメージに近い動画を手がけている会社を選ぶというのも一つの手です。制作会社のホームページでは、過去に手がけた動画や取引企業などの実績が掲載されていることが多いので、ぜひ確認してみてください。

ただし、ホームページに掲載されている実積だけが全てではありません。
気になる制作会社があれば「こういった動画を作りたいのですが、可能でしょうか?」と直接問い合わせてみるとよいでしょう。

動画制作の目的や背景を理解してくれる

「なぜこの動画を作りたいのか」という目的まで踏み込んで、詳しく話を聞いてくれる制作会社を選びましょう。クライアントの目的達成のために、一緒に戦略を考えながら制作してくれる会社がおすすめです。

例えば「採用動画を作りたい」という依頼に対して、企業が求めている人物像や採用人数、募集の背景まで把握した上で、具体的な目標(応募者数など)を定め、そのためにはどういったアプローチが効果的かということを一緒に考えて取り組んでくれるような会社がよいでしょう。

最初のヒアリングの段階で、親身に話を聞いてくれるか、動画制作の目的をしっかりと理解してくれるかといった点を確認してみてください。

目的に応じた提案や意見をくれる

クライアントの要望に対して、的確な意見を述べてくれるかどうかもポイントです。

企画力、分析力のある制作会社なら、ただ依頼された動画を制作するだけではなく、目的に応じてさまざまな提案をしてくれます。
「その目的であれば、この演出をした方が効果的ですよ」「予算の範囲内で成果を出すなら、こちらの方がおすすめです」など、率直に意見を伝えてくれる制作会社を選ぶとよいでしょう。

まとめ

動画マーケティングに精通している制作会社の選び方について、お伝えしてきました。

多くの制作会社の中から、ホームページなどの情報だけで1社を選ぶのは至難の技です。
複数の会社をピックアップして、まずは見積もりを依頼してみるとよいでしょう。
ぜひ、担当者と直接コミュニケーションをとりながら、あなたにぴったりの制作会社を選んでください。

弊社RAIDでは、皆さまのご要望をしっかり聞き取ったうえで、メッセージがしっかり伝わる動画制作を行っております。無料のご相談も承りますので、問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

筆山 映子

動画の分かるフリーランスライターとして活動しつつ、RAIDの専属ライターとして、執筆活動やWEB運営の仕事をしています。このブログでは、動画を活用してビジネスに役立てていく方法などを広く発信していきます。

CONTACT

お問い合わせ

些細なご質問でも、お気軽にお電話ください。
はじめての動画制作が安心できるよう、
経験豊富なメンバーで丁寧に回答いたします!

お問い合わせ
0120-551-872

営業時間:9:30~18:00