Facebook動画広告の基本から効果的な使い方について、丁寧に解説します!

Facebook動画広告 5つの種類と特徴

Facebookの月間アクティブユーザーは、世界で約27億4,000万人、日本で約2,600万人と非常に多くのユーザーが利用しているプラットフォームです。

Twitterなど他のSNS同様、広告を出稿しているケースが多く見られますが、Facebook広告ではターゲットを細かく設定できるため、プロモーションしたい商品やサービスをニーズに合わせて効果的にアプローチすることが可能となります。

Facebookの動画広告は、大きく分けて以下の5種類に分類されています。

Facebook動画広告 メリット・デメリット

ここでは、Facebook動画広告を出稿する上でのメリット・デメリットについて、それぞれ解説していきます。

メリット① :高い精度のターゲティング

Facebookは実名登録が基本ですので、ターゲティング広告の精度が他のSNSに比べて非常に高いです。
また、ターゲティングの配信設定だけでも大きく3種類あり、以下のようなデータを活用することでターゲットのユーザー層を細かく設定することができます。

 ●     ユーザーの利用者層(属性、年齢、性別など)

●     ユーザーの趣味・関心

●     ユーザーの動向や行動パターン

メリット② :広告予算100円から出稿できる

Facebookの動画広告は100円から出稿することができるため、予算に合わせた設定が可能であることに加え、広告掲載の企業ページ設置は無料となっています。

これらの点は、ベンチャー企業やスタートアップ企業にとって非常に大きなメリットになるでしょう。

メリット③ :配信動画広告は、タイムライン上で自動再生される

フィード上で配信・表示された動画広告は自動で再生されるため、動画が流れてきたと同時に、広告を視聴してもらうことが可能です。

デメリット①:リーチできる層が限られる

Facebookの動画広告は仕組み上、Facebook内やFacebookと提携しているWebサイト・アプリなどのみに限って配信を行うため、Facebook外へのリーチができないという点がデメリットになります。

そのため、不特定多数の潜在層ユーザーなど、リーチを広げた配信を行いたい場合には、Googleや他のSNS(InstagramやTwitter)広告なども合わせて使い分けることをおすすめしています。

デメリット②:効果分析・検証回数が多い

SNS広告ですので、もともと早いPDCAが必要となってくるのですが、Facebook広告はターゲティングが細かいために、通常の動画広告よりも検証回数を重ねることで、より正確な広告効果の測定を行っていく必要があります。

そのため、商品やサービス内容に合わせた工数を考えた上で、配信の設定を行っていく方が良いでしょう。

Facebook動画広告事例

ここでは、Facebook動画広告の事例について、2社ご紹介いたします。
是非、参考にしてみてください。

ワールド・ファミリー株式会社

英語教材を幼児向けに提供するワールド・ファミリー株式会社は、より多くの潜在顧客を獲得するために、写真やFacebookの動画広告を利用して同社のウェブサイトへリンクさせるキャンペーンを実施しました。

その結果、ウェブサイトでのコンバージョンを2.4倍に増加させることに成功しました。

Moonton

Moontonは、マルチプレイヤーオンラインゲームを手掛ける、モバイルゲームを代表する企業です。

新たなプレイヤー層を惹きつけたいと考えた同社がインフルエンサーの宣伝効果を知るために、Facebook動画広告を利用したキャンペーンを実施しました。
インフルエンサーを起用したプレイ動画を広告として配信した結果、世界中で新規プレイヤーの獲得に成功。ゲームのインストール数は増加し、コンバージョン率も35%上昇する成果をあげました。

Facebook動画広告 制作する際の重要ポイント3選

Facebook動画広告は、特定のターゲットへリーチしやすいという大きなメリットがあります。では、その特性を活かして成果へつなげるには、どんな工夫が必要でしょうか。

ここでは、Facebook動画広告を制作する際のポイントについて、3つご紹介します。

冒頭の3秒以内に、一番伝えたいことを持ってくる

「約3秒」。これは、動画広告が再生される平均的な秒数です。
つまり、配信している動画広告の再生時間は「3秒だけ」であることを前提に制作を行い、できる限り長く動画広告を見てもらえるよう、冒頭の3秒以内に一番伝えたいことを持ってくるなど、工夫を重ねていくことで広告の宣伝効果を高めていきます。

サムネイルを設定して、内容に興味をもたせる

Facebook動画広告で最初に表示される静止画を、サムネイルと呼びます。

ユーザーが動画広告を見る際、一番初めに目にするのは、このサムネイルである場合が多いので、広告の宣伝効果を発揮するためにも、商品やサービスの内容が一目ですぐに伝わるような興味深いサムネイルを設定する必要があります。

音声がなくても、理解できるように工夫する

屋外や公共の場においてFacebookを閲覧・視聴する際、ユーザーは音声をオフにしている場合がほとんどです。

そのため、動画広告を音声がなくても理解してもらえるように、動画によってはテロップや内容の工夫などを行うことで、より分かりやすくすることも重要になってきます。

まとめ

今回は、Facebook動画広告の基本から効果的な使い方について、解説をしてきました。

Facebook動画広告でプロモーション効果を高めるためには、特定のターゲットへリーチしやすいというFacebookならではの特性を意識し、それらを活かした内容や映像制作を行っていくことが重要です。

また、広告予算100円から出稿できる点や様々な広告フォーマットがあるという強みを活かすことで、複数のFacebook動画広告を制作・配信していくのも良いのではないでしょうか。

弊社RAIDでは、皆さまのご要望をしっかり聞き取ったうえで、メッセージがしっかり伝わる動画制作を行っております。無料のご相談も承りますので、問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

ataka

芦屋町生まれ、芦屋町育ちのコピーライター。 大卒後に制作を志し、靴の販売から求人広告の制作など、いくつかの職種を経験した後、RAIDへ入社しました。よくココアを飲んでます。

CONTACT

お問い合わせ

些細なご質問でも、お気軽にお電話ください。
はじめての動画制作が安心できるよう、
経験豊富なメンバーで丁寧に回答いたします!

お問い合わせ
0120-551-872

営業時間:9:30~18:00