Concept

映像の重要な役割のひとつは「メッセージを伝える」ことです。
RAIDは、クライアントの思いをいかに有効に伝えるかを考えます。

「感謝の気持ちを伝えたい」
「商品の良さを知ってもらいたい」
「製品コンセプトを説明したい」
このようなご要望に応えるのがRAIDの仕事です。
クライアントの思いを徹底的に聞き取り、映像というカタチに創りあげていきます。
映像によってすべての人々が笑顔になれるように、
RAIDはあらゆる映像技術を駆使します。

企業用オンライン動画

動画が差別化になる時代から、動画が条件になる時代へ・・・

ネット動画を見る人の割合は、若い人を中心にどんどん上昇しています。
ネット動画広告の市場も、2015年の500億円から2020年には4倍の2,000億円の市場に拡大すると予測されています。
すでに多くの企業がネット上の動画によって、販売促進やリクルート活動を行うようになりました。
企業における動画活用は、今後もますます拡がりつづけます。
動画活用のメリットを見極めて、経営に有効な施策をご一緒に考えませんか!?
企業動画のくわしい説明は こちらから。

Introduction

会社紹介映像

人は情報の約90%を視覚から収集しているといいます。自社を分かりやすくアピールするために、動画は強力なツールになります。

Recruit

採用動画

インターネットで動画を見る人の割合は、若者では80%を超えています。求職者は企業を動画で評価しています。

Explanation

製品説明ビデオ

持ち運ぶことが困難な商品や、特長が外から見えない製品こそ、解説ビデオが商品説明のサポートをします。

自分史ビデオ

人生で後悔すること、それは、愛する人に
「ありがとう」を伝えなかったこと

「自分史ビデオ」には大切な3つの意味があります。
1つ目は、大切な人へ感謝を伝えることです。
大切な人だからこそ、きちんと伝えましょう。
2つ目は、生きた証をカタチに残すということです。
これまでの実績、これまでの頑張り、これまでの人生をカタチにしましょう。
3つ目は、家族と過ごした日々を、家族とともに振り返ることです。
それは、家族全員にとって幸福な時となるはずです。

ブライダル映像

人生最良の日を映像というカタチに残す・・・

スクリーンに流れる新郎新婦の小さい頃の写真に目を細め、
「あんなに小さい時もあったよね・・・」と涙が溢れてくる。
懐かしさに浸って食い入るように画面を観るご両親。
さっき盛り上がったあのシーンが蘇るエンディングムービーを観て、目頭を押さえて喜んでくれるゲストたち。
映像をつくるわたしたちも、感動の時間を共有できる喜びを味わっています。
おふたりにとってすばらしい結婚式とは、
ご両親にとってもゲストにとっても感動に満ちたものであるはずです。
そんなおふたりの結婚式づくりを、映像制作でお手伝いします。

About Us

会社概要

会社名

株式会社RAID

本社所在地

〒802-0085 福岡県北九州市小倉北区吉野町11-15-3F

TEL/FAX

093-932-9323 / 093-932-9324

代表者

代表取締役 宮原寿光

設立

1989年1月

従業員数

45名(正社員:10名 契約スタッフ:35名)

事業内容

企業用映像制作、自分史ビデオ制作、ブライダル映像制作、イベント映像制作

株式会社RAID〒802-0085
福岡県北九州市小倉北区吉野町11-15-3F
TEL:093-932-9323 / FAX:093-932-9324

Contact

この度はお問い合わせいただき、誠にありがとうございます。
必要な項目をご記入の上、「記入内容を確認」ボタンをクリックしてください。

※当社の営業時間は、午前9時30分から午後7時30分までです。火曜日はお休みをいただいています。